2018.12.06
これ乗りたい!
Manner公式サイト
予約はできないみたいですが乗車は無料です。
2018.11.29
クリスマスマーケットは今度寄ろうと思ってるうちに終わってしまう…
2018.11.15
来週寒そう。ウィーンも雪の準備しといたほうが良いかも。
2018.11.05
今大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/8720994dd51cacfa9ea595d6a901cef
TOP
情報w
小ネタ・雑記w
小銭を握りしめていく!オーストリアのトイレ事情
2017.10.21 情報, 小ネタ・雑記 小銭を握りしめていく!オーストリアのトイレ事情

おなかは強い方ですか?
もしおなかに自信がない方はオーストリアに行く前に一つ知っておかなければならないことがあります。

それは、オーストリアではトイレはそこかしこに無いということです

基本的には誰でも使えるトイレというのは有料になっていて、小銭(50セントくらい)を払わないと入れないところが多いです。
機械にチャリンとするところもあれば、受付に渡して入る所もあるそうです。(ほとんど行かないので見たことはないのですが)

スーパーにはトイレはありませんし、銀行等の店舗にもありません。(従業員だけが使えるんでしょうね)
洋服店などにもありませんし、コンビニはそもそもありません。

どんなトイレ?

普通のトイレです。
ただ、ウォシュレットは普及していません。言うまでもないですが和式も存在しません。

使えそうなドイツ語

発音ですが「Toillette」はトワレッテとカタカナ発音されるという説明が多いのですが、実際聞いてみるとトイレッテという風に聞こえます。(自分だけ?)フランス語から来ているからなんですかね。

Wo ist die Toillette?
ウォー イスト ディー トイレッテ?
「トイレはどこですか?」
トイレが使える、という前提で聞いているのでレストランなどで聞く場合です。

Darf ich Ihre Toilette benutzen?
ダーフ イッヒ イアレ トイレッテ ベヌッツェン?
「トイレを借りてもいいですか?」
例えば知り合いの家で。

Darf ich zur Toilette gehen?
ダーフ イッヒ ツア トイレッテ ゲーエン?
「トイレに行ってもいいですか?」
そもそも行っていいかを聞いているので会議などのシチュエーションです。

Damen / Herren
ダーメン / ヘアレン
「女性 / 男性」
絵で書いてあれば分かりやすいのですが単語の頭だけ(D / H)ドアに書いてある場合もあります。

無料のはないの?

公衆トイレはあるにはあるのですが、場所がそう多くは無いのと、あまり清潔ではないところが多々あります。
手洗い石鹸なんかは期待しない方が良いです。

ちなみにウィーン市のHPには市内の公衆トイレマップが掲載されています。
https://www.wien.gv.at/umwelt/ma48/sauberestadt/wc/index.html

「Bezirksübersicht」が各地区へのリンクになっています。(例えば1ならA-1010 / 1区)

あとは場所は限られますがホテルロビーやデパート、ショッピングセンター・コンサート会場・空港にはもちろんキレイなトイレがあります。

一番行きやすいのはレストラン・カフェですね。

あとはチェーン店とかだと商品を買ったレシートにトイレのカギを開けるパスワードが書いてあったりします。
記憶にあるのが、以前(もう何年も前の話です)家に帰る途中で一気に胃腸が一刻を争う事態になった時に「こりゃ我が家まで辿り着けんかも…」と思い近くのマックに入った所、トイレの入口にレシートの番号を入力してください的なことが書いてあり、
「どうしよう、レジ結構並んでるしハンバーガー買って持ってトイレに入るのか?便所飯と勘違いされる?それともマックシェイク?ていうかもう中に誰か入ってない?席は一つだけなのか?間に合わなくなっても知らんぞー!」と思考を巡らせ結局鬼の早歩きで帰ったことがあります。(事なきを得ましたが)

そんな経験を生き抜いた私が思うに、一番の対策は「小まめにトイレに行く」ということだと思います。

レストランやカフェの場合、注文の意思がありそうならお店に入ってすぐでも快くトイレを貸してくれるので立ち寄った時にはなるべく行っといた方が良いかもしれません。
まぁ、毎回行くのも変ですが。
逆に注文の意思がなさそうだとあまりいい顔はされないかもしれません。

他、地下鉄駅Karlsplatzに「Operatoilette」(オペラトイレ)っていう謎の存在感を醸し出すトイレがあって、割と有名です。

気になる方はぜひ行ってみてください。

関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね