2019.11.04
アドベントカレンダーをお土産に~等の予定の方はそろそろ買い時になってきます。(クリスマスのお土産についてはこちら
今年のクリスマスグッズはアナ雪2のパッケージ多いですね。
2019.10.18
いまさらながら検索窓つけました。
2019.10.09
プラーターのSchweizerhausの2019年営業日は10月31日まで。
2020年3月15日再開らしいです。ちなみに30・31日はイベントあるみたいですね。
2019.09.22
2019.09.22
爆発気味だった仕事が落ち着いてきたので記事の遅れをとりもどす!
2019.09.09
チロルで初雪。ってレベルじゃない雪の量。
tirol.orf.at
2019.09.02
WienのStrassenbahnでSimmeringとFavoritenを繋ぐ「Linie 11」が新しく開通したようです。
2019.08.26
また在オーストリア日本大使館で現地スタッフ募集してますね!
大使館HP。(令和1年9月13日締切の様)
2019.08.15
パンはオーストリア得意だけど菓子パンの豊富さは日本の方がはるかに多い。カレーパンとかないですし。
あと「食パン」へのこだわりも日本の方が凄味があります。
2019.07.28
ウィーンAlte Donauの花火大会は、来週8月3日に延期。
https://goesterreich.com/2242/
2019.07.11
ウィーン市庁舎のFILM FESTIVAL、明日12日の17:00からはディズニーのファンタジア。
https://filmfestival-rathausplatz.at/programm/film/fantasia-1/
2019.07.03
ウィーンFloridsdorfで電車の衝突事故。
https://www.youtube.com/watch?v=7kw_gLYfHYc
2019.06.30
普段あんまり買わないけどたまに食べたくなる味付きひき肉(manriniert)のご飯のっけ丼。
ケバプとかハンバーグの形に成形されてるので焼く前にほぐしてそぼろっぽく。
ビールに合います。
2019.06.19
Wiener Staatsoperの若手養成プログラム(29才以下)
https://www.wiener-staatsoper.at/studio/
登録は2019年9月30日まで。
2019.06.09
首相の他に大統領もいるのは知らなかった。
2019.05.28
5月24日にStammersdorfでインドコブラを見たって通報があったらしく、AKHも「血清あるぞ!」とか言ってたものの、昨日実はおもちゃのヘビでしたってことが分かったらしいですね。
2019.05.12
2019年5月11日のウィーンSimmering屋根部屋での火災の様子。
https://www.youtube.com/watch?v=FgZD3dnKWBA
2019.05.02
ちなみにオーストリアにも母の日・父の日はありますが、子供の日は日本だけ。
母の日は日本と同じく5月の第2日曜日なので2019年は5月12日です。
2019.04.21
ソーシャルに依存しない評価ボタンを追加してみました。
2019.04.11
4月11日~13日、15日~17日はBilla会員セールでちょっぴり安い。
billa.at
2019.04.01
今日から夏時間!
2019.03.18
今在オーストリア日本大使館で現地スタッフ募集してますね!
大使館HP。(平成31年4月3日締切の様)
2019.03.03
BILLAのレゴポイント付くのは2019年4月17日まで。(使用は28日まで)
別に要らないのに見てるとなんだか欲しくなってくる…
2019.02.17
今日からですね!直行便!
シュヴェヒャート空港の到着一覧
2019.02.12
SATURN明後日までセールだったんですね。プリンターが気になる…
saturn.at
2019.02.04
そういえば、今更ながら日本では滅多に見ないものの一つ「1+1」Gratis。
実際には50%引きなのに何だかお得感がスゴイ。
2019.01.25
Merkurの3分クッキングがコンパクトで見やすい!
fraenz.merkurmarkt.at
2019.01.13
毎年冬休みはやろうと思っていた事の半分もできずに終わる…
2019.01.01
明けましておめでとうございます。
2018.12.28
お餅が手に入ったらお好きなベーコンとチーズで磯辺焼きがおススメ。
海苔はBILLAとかでも手に入ります
2018.12.16
寒い中ピザをお持ち帰りして歩いて帰る時のワクワク感。
2018.12.06
これ乗りたい!
Manner公式サイト
予約はできないみたいですが乗車は無料です。
2018.11.29
クリスマスマーケットは今度寄ろうと思ってるうちに終わってしまう…
2018.11.15
来週寒そう。ウィーンも雪の準備しといたほうが良いかも。
2018.11.05
今大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/8720994dd51cacfa9ea595d6a901cef
TOP
食事
レストラン
小ネタ・雑記
どうやって美味しく食べる?ドイツ・オーストリアのザワークラウト
公開日:2019.2.27 更新日: 食事, レストラン, 小ネタ・雑記 どうやって美味しく食べる?ドイツ・オーストリアのザワークラウト

どうやってなんて書くとまるでまずいものを無理やり食べるみたいですが、特に好き嫌いの無いことに定評のある私のような人間でももっしゃもっしゃ食べるにはかなり抵抗のある食べ物がこの「Sauerkraut(ザワークラウト)」です。

ザワークラウトって?

「sauer(ザワー)」は酸っぱい、「Kraut(クラウト)」はキャベツ・ハーブという意味で、一言で表せばドイツ版キャベツの漬物。隣国であるオーストリアでも伝統的な食べ物です。

漬物と言ってもパリパリとした食感ではなく、味噌汁に入ったキャベツと言えば想像しやすいでしょうか、そんな感じのちょっとまろやかな汁気と酸味のあるサラダ(?)です。
レストランでも付け合わせとして普通に出てきます。特にメニューに書いてないのに定食に付いてくる味噌汁くらいの頻度で付いてきます。

そのためオーストリアにいれば否応でも口にすることになるのですが…

なかなか食べにくい!

もちろん人の好みはあると思うのですが、そのまま食べるのはマズ結構大変な味です。
お寿司のガリみたくお口直し程度の量ならウェルカムなものの、ここオーストリアは日本と違って付け合わせでもそれなりのボリュームがあるのも苦手になりやすい理由の一つかもしれません。

ちなみにレストラン・各家庭で作り方も差異はあるようで、酸味の少ないもの、ちょっとスパイシーなもの、しょっぱいもの等色々あります。
もしかするとこちらの人はザワークラウトに家庭の味を感じるのかなと勝手に想像してます。

ついでに言うとお酢は使用しないのが通常です。(時短レシピとしてお酢+レンチンの方法もあるようですが)

でも実は…すごく体に良い!

キャベツを塩・ジュニパーベリーやキャラウェイシードなどと共に漬け置く、一切火を使わない発酵食品なのでキャベツのビタミンCが破壊されずPower Up!するらしいです。また、ビタミンB12・乳酸菌も含まれつつ低カロリーなためダイエットや便秘にも良く、特に寒い季節体の内側から健康を強化してくれるスーパーフードだったのです。

また、ベジタリアンの方やビーガンの方にとっても人気があるそう。

私は最近までこれにそんなすごい効能があるなんて全く知らなく、なるべく食べない精神でいたのですが、そんなことを知ってしまっては180度考えを改めざるを得ません。
「どうにかして美味しく苦にならない味で食べなくては… 😐 」と調べてみました。

ちなみに作り方は?

  • キャベツを千切りにし、キャベツの重さに対し1.5~2%程度の塩で揉みます。
  • キャベツの重さに対し1%程度のお好みの香辛料(キャラウェイシード・ジュニパーベリー)、適量のトウガラシやローリエ・胡椒も入れて軽く揉みます。
  • 十分に消毒した瓶に押し込み常温で数日発酵させた後に涼しい所で保存

…と手間はかからないものの日数はかかります。
、しかし買ってきた方が圧倒的に早いです。そして安いです。
その辺のスーパーに行けば500gとか1ユーロもしないで買えます。

私も料理は好きですが、保存する際には容器に雑菌が入らないようにする、ある程度適切な室温で保存する、など若干気を遣う点もあるのでこれに関しては食べたくなったらBILLAにひとっ走りしてくるスタイルの方が性に合います。

あとナッシュマルクト(詳しくはこちら)にも売っていますね。夏でも暑い日差しの中売っているので、腐ったりしないんだろうか…?とはたまに思いますが。

ザワークラウトの色んな食べ方

食文化や日用品のブランド等多くの部分でオーストリアはドイツと似ていますが、ザワークラウトもドイツと同じような食べ方をします。
こういうのは長く続けられる・美味しく食べるのがとても重要ですね。美味しくなければ三日坊主。

グラーシュとかに入れる

家庭ではポピュラーな食べ方らしいです。レストランではそこまで見ないかも。
カレーに入れたらなんでも旨い、の精神ですね。
しかしアツアツソースで加熱してしまってはせっかくのビタミンCが破壊されてしまうのが残念です。

肉料理の付け合わせ

レストランでよく出ます。
不思議なもので味の濃いソーセージやアブラギッシュなお肉とともに食べると全然酸味を感じません
脂ののった寿司ネタだとワサビが全然辛くないのと同じ原理なんでしょうか。
逆に揚げ物とはいえそこまで油っぽくないシュニッツェルとは、個人的にはあんまり好みではありませんでした。
でもそんなガツンと来るお肉ならキャベツじゃなくて白飯が欲しくなる…

マッシュポテトの様に

たまにあります。
水分・小麦粉を加え軽く炒めたものでマッシュキャベツというような食べ方です。これも加熱してしまうのが残念。
ウィーンスタイルらしい…

Rahmsauerkraut

上記の生クリームバージョン。よく魚料理の下敷きにするそうです。しかしこれも加熱。

比率がちょっとアレですが普通に美味しそう…

スープに入れる

これもよくありますね。
Krautsuppe」というやつです。コンソメ味・トマト味等色々なスープがあります。しかし加熱。

パンに挟む

私の中ではこれが一番おすすめです。熱も加えませんし。
上記の様に味の濃いソーセージによく合うのですが、焼いた固めのパンにマスタードとお好みでケチャマヨも塗って、ザワークラウトと胡椒をしてパリパリに焼いた白ソーセージを挟むと無限に食べられる味でした。絶対ボスナのソーセージとか合います。

キムチとまぜる

これもすごく食べやすいです。全然酸味が気にならない、というかキムチの味しかしません
どうやらこっち系の食材とも非常に相性が良いようで、らっきょうやオリーブ、納豆、酢漬けの白身魚なんかもいい感じでした。

※ちょっと大きめのアジアンショップだとキムチ結構売ってます。日本のより辛いですが。

とても安い上にすごい食の効果のザワークラウト、特に女性におすすめです。
気になる方はぜひ色々な食べ方を試してみてください。

役に立った!
この記事は役に立ちましたか?
読み込み中...
関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね