2019.04.21
ソーシャルに依存しない評価ボタンを追加してみました。
2019.04.11
4月11日~13日、15日~17日はBilla会員セールでちょっぴり安い。
billa.at
2019.04.01
今日から夏時間!
2019.03.18
今在オーストリア日本大使館で現地スタッフ募集してますね!
大使館HP。(平成31年4月3日締切の様)
2019.03.03
BILLAのレゴポイント付くのは2019年4月17日まで。(使用は28日まで)
別に要らないのに見てるとなんだか欲しくなってくる…
2019.02.17
今日からですね!直行便!
シュヴェヒャート空港の到着一覧
2019.02.12
SATURN明後日までセールだったんですね。プリンターが気になる…
saturn.at
2019.02.04
そういえば、今更ながら日本では滅多に見ないものの一つ「1+1」Gratis。
実際には50%引きなのに何だかお得感がスゴイ。
2019.01.25
Merkurの3分クッキングがコンパクトで見やすい!
fraenz.merkurmarkt.at
2019.01.13
毎年冬休みはやろうと思っていた事の半分もできずに終わる…
2019.01.01
明けましておめでとうございます。
2018.12.28
お餅が手に入ったらお好きなベーコンとチーズで磯辺焼きがおススメ。
海苔はBILLAとかでも手に入ります
2018.12.16
寒い中ピザをお持ち帰りして歩いて帰る時のワクワク感。
2018.12.06
これ乗りたい!
Manner公式サイト
予約はできないみたいですが乗車は無料です。
2018.11.29
クリスマスマーケットは今度寄ろうと思ってるうちに終わってしまう…
2018.11.15
来週寒そう。ウィーンも雪の準備しといたほうが良いかも。
2018.11.05
今大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/8720994dd51cacfa9ea595d6a901cef
TOP
情報
ウィーン
ザルツブルグ
小ネタ・雑記
ここはどこ?オーストリアの住所・郵便番号・階の数え方について
公開日:2018.1.9 更新日: 情報, ウィーン, ザルツブルグ, 小ネタ・雑記 ここはどこ?オーストリアの住所・郵便番号・階の数え方について

オーストリア・ウィーンの住所の書き方についてはこちらで紹介しましたが、ウィーン以外も見てみましょう。

Ikafleigasse 30/27 A-5020,Salzburg

基本的に違うのは郵便番号(Postleitzahl)でウィーンではA-1030やA-1200でしたが例えばザルツブルグならA-5020、グラーツならA-8010等があります。

この4桁の最初の数字が地域を表していて、

1xxx – ウィーン(一部はニーダーエスターライヒ州)
2xxx – 東部と南部のニーダーエスターライヒ州、一部はブルゲンラント州北部
3xxx – ニーダーエスターライヒ州とオーバーエスターライヒ州南東部(ザンクト・ペルテンとか)
4xxx -オーバーエスターライヒ州とニーダーエスターライヒ州西部(リンツとか)
5xxx – ザルツブルグとオーバーエスターライヒ州西部
6xxx – 北チロル州とフォアアールベルク州(インスブルックとか)
7xxx – 2xxxまたは8xxxに該当しないブルゲンラント州
8xxx – シュタイアーマルク州、ブルゲンラント州南部のイェンナースドルフの一部(グラーツとか)
9xxx – ケルンテン州と東チロル州(クラーゲンフルトとか)

となっています。
日本の郵便番号の前半3桁と同じ様な役割ですね。
さらに2桁目と3桁目で地区、4桁目で場所を表しています。
ちなみにこの「A-」は、「〒」←これみたいなものでただの飾りです。BもCもSもありません。

日本からオーストリアへ荷物を送る方法についてはこちら

オーストリアから日本へ荷物を送る方法についてはこちら

通りに住所が付く!

割とどうでもいい事ではあるんですが…。
日本では通りに囲まれた「区画」に対し、「〜区」「〜条」「〜丁目」と付きますね。
オーストリアの住所には「〜gasse(ガッセ)」「〜straße(シュトラッセ)」が多く使われますが、これは「〜通り」という意味です。

つまり区画を囲んでいる「」に対して住所が名付けられるわけです。
逆に区画そのものに名前はありません。(一部例外としてある程度広い区画に対しては「〜platz(プラッツ)」と広間的な意味で付く住所もありますが)
そして通りの端(端がどっちかは分かりませんが)からジグザグに番地が与えられる形になっています。

また、「gasse」の方が小道・中通り、「straße」が大通りに付く、というふんわりとした法則はあるものの、そこまで厳密ではないようです。

ちなみにアメリカやヨーロッパ含む他の国々も「通り」方式らしいので、日本の方が例外のようですね。

日本には存在しない0階!

オーストリアに来た日本人を100%戸惑わせる事の一つがこの「0階」。
日本の1階の事ですが「Erdgeschoss(エアドゲショース)」と言います。
じゃあ2階はと言うと「1.Stock(エアステ シュトック)」です。
同じ様に3階は「2.Stock」、4階は「3.Stock」と数字が1つずつズレています。
慣れると大した事ではなくなるのですが、日本人の友達と話していて「じゃああのデパートの3階に集合ね! 😉 」とか言われると、どっちの3階だよ…と変に迷ったりはします。

今の時代、Googlemapで一発検索出来るのぶっちゃけ詳しく知る必要は無い事ですが、地図片手に旅行される方の参考になればと思います。

役に立った!
この記事は1人の役に立ちました!
Loading...
関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね