2018.12.06
これ乗りたい!
Manner公式サイト
予約はできないみたいですが乗車は無料です。
2018.11.29
クリスマスマーケットは今度寄ろうと思ってるうちに終わってしまう…
2018.11.15
来週寒そう。ウィーンも雪の準備しといたほうが良いかも。
2018.11.05
今大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/8720994dd51cacfa9ea595d6a901cef
TOP
情報w
食事w
レストランw
オーストリアのピザ
2017.9.21 情報, 食事, レストラン オーストリアのピザ

ピザは好きですか?
私は肉たっぷりのピザが好きです。

オーストリアで日本の牛丼ポジションの一つが「ピザ」です。
軽く食べたい時はピザスタンドで、がっつり食べたい時はレストランで、ゲームしながら食べたいときは配達で、と色んなスタイルでピザが浸透しています。
これはおそらくイタリアから距離が近いオーストリアに移ってお店を開いている人が多いからだと思いますが、ここではかなりイタリアのお店が多いです。
もう一つトルコ(ケバプ)のお店と共にオーストリアで大きな割合を占めています。(他にはアジア系もだいぶ増えてきました。スシ・ヌードルとか)
逆に近隣国のドイツ・フランス料理のレストランは何故かほとんど見かけないです。

でもピザって高いじゃん?

かなり安いです! 😆
チーズの相場が違うからなのか、日本に比べると1/4位で、安いものだとまるまる1枚5€くらいから買えます。
もちろん冷凍のではなくお店のです。

ピザのお店について少し紹介します。

ピザスタンド

街中とか路面電車(Strassenbahn)と地下鉄(U-bahn)の駅とかによくあります。
大体3€もあれば1/4カットが買えます。あと割高ですが飲み物とか。
私が昔よくやっていたんですが、大抵路面電車の待ち時間って長くて5分くらいなんです。
このスタンドでピザ買ってぺろっと食べるのにすごいちょうど良いんですよね。
それで結構周りの人もやっていたのが、サイズが1/4なので縦に折って1/8サイズの分厚いピザを頬張るスタイルでかなりハマってしまっていました。
お金にも体にも良くないなと思ってやめることができましたが。

配達

いわゆるピザハット・ピザーラポジションです。
オンラインや電話で注文できます。(割合的にオンラインより電話の方がやってるお店が多いかもしれません)
お持ち帰りや〇€以上の注文で配達料無料もあります。
また、配達専門だったり、お店でも食べられる席があったりとお店によってスタイルが違います。
お値段は大体5~8€位が主だと思います。
一つ気を付けることは電話で注文するときは郵便番号と住所をはっきり言いましょう。通り名が似ている住所もありますし、数字の発音もカッコ悪くてもはっきり言った方が良いです。

例えば下の二つの数字ですが、
21 {アインウントツワンツィヒ}
120 {アインフンダートツワンツィヒ}
これを早口で言うと
21 {アイヌンツワンツィヒ}
120 {アイフンダッツワンツィヒ}
みたいな感じになったりします。
カタカナで書くと若干違いますが、耳で聞くと生粋のオーストリア人でもガヤガヤした所にいると聞き間違えたりします。
勘違いで別の住所に行かれるのだけは避けたいですからね。

レストラン

本格的なピザを楽しみたい時はイタリアンレストラン一択です。
お店とメニューにもよりますが10€握りしめてれば大体のピザは食べられます。
あと、個人でやっているようなイタリアンレストランはピザ・パスタ等のメインディッシュの他、デザートやコーヒーにもこだわっている所が多いので、気になる人はイタリアン巡りもおすすめです。
配達の注文を受けてるお店もあります。

どんなピザがあるの?照り焼きマヨ?

基本どこのお店も薄い生地のピザです。もっちりとか耳にチーズが入ってたりはしないです。(ピザパンみたいなふっくらを売ってるスタンドはありました)
ピザで照り焼きマヨは見たことないですが、前にマックでTERIYAKIバーガーはありましたね。

味はスタンドでもレストランでも大抵美味しいです。なんというか、日本人好みのトッピングやソースではないんですが、よく言う「素材を活かした味」という言葉通りの美味しさです。
日本のピザーラとかの「うわ〜このトッピング絶対旨いに決まってるじゃんどうしよう」というのとは違う美味しさですね。
あと、お店によっては最後に耳にガーリックオイルを塗ってくれたりする所もあります。

旅行の方もオーストリアにきてピザを食べる予定はないかと思いますが、美味しいのは間違いないので一度騙されたと思って食べに行って見てください。

関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね