2019.03.18
今在オーストリア日本大使館で現地スタッフ募集してますね!
大使館HP。(平成31年4月3日締切の様)
2019.03.03
BILLAのレゴポイント付くのは2019年4月17日まで。(使用は28日まで)
別に要らないのに見てるとなんだか欲しくなってくる…
2019.02.17
今日からですね!直行便!
シュヴェヒャート空港の到着一覧
2019.02.12
SATURN明後日までセールだったんですね。プリンターが気になる…
saturn.at
2019.02.04
そういえば、今更ながら日本では滅多に見ないものの一つ「1+1」Gratis。
実際には50%引きなのに何だかお得感がスゴイ。
2019.01.25
Merkurの3分クッキングがコンパクトで見やすい!
fraenz.merkurmarkt.at
2019.01.13
毎年冬休みはやろうと思っていた事の半分もできずに終わる…
2019.01.01
明けましておめでとうございます。
2018.12.28
お餅が手に入ったらお好きなベーコンとチーズで磯辺焼きがおススメ。
海苔はBILLAとかでも手に入ります
2018.12.16
寒い中ピザをお持ち帰りして歩いて帰る時のワクワク感。
2018.12.06
これ乗りたい!
Manner公式サイト
予約はできないみたいですが乗車は無料です。
2018.11.29
クリスマスマーケットは今度寄ろうと思ってるうちに終わってしまう…
2018.11.15
来週寒そう。ウィーンも雪の準備しといたほうが良いかも。
2018.11.05
今大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/8720994dd51cacfa9ea595d6a901cef
TOP
情報
旅行
長期滞在
現地でクリーム・軟膏調達できる?オーストリアの湿度と乾燥肌対策
公開日: 情報, 旅行, 長期滞在 現地でクリーム・軟膏調達できる?オーストリアの湿度と乾燥肌対策

一般的にオーストリアは日本より乾燥していると言われていますが、実際の所べらぼうに湿度(Luftfeuchtigkeit)に差があるという訳でもないようです。

https://www.meteoblue.com/
2018年以降のデータですが上記サイトが便利でした。

日本でも北陸地域は冬期の湿度が他に比べ高いように、オーストリアでもウィーンとインスブルック等都市間でそれなりに差はあるので一概には言えませんが、地方出身の私からすると「別に大して変わらない気もするけど、言われてみればじめじめはしないかな? 🙂 」という程度。
逆に夏蒸し暑いと言われる東京に住んだことは無いので、都心部の方からすると差はあるのかもしれませんが。

ちなみに体感上じめじめするかどうかは湿度だけでなく気温や風速なども影響してくるので、これから旅行でオーストリアに行くけど服装が気になる、という方は天気予報などで今の住所と行先のオーストリア都市の不快指数を比べてみると多少参考になるかも。

https://keisan.casio.jp/exec/system/1202883065

保湿クリーム等は売ってる?

売っています。
もちろん人によって好みがあると思いますが、日本にあるようなスキンケア商品(例えば有名な青缶ニベアクリーム)もBIPA・dm等で普通に手に入ります。

デオドラントは売ってる?

売っています。しかし日本の方が圧倒的に種類が多い…

化粧水の種類に注意!

こちらの人の方が肌が強いためなのか、化粧水の刺激が日本に比べ平均的に強いです。
パッケージに「〇〇肌用」というのがパッケージの大抵どこかに書かれているので敏感肌の人は要確認

使うかもしれないドイツ語

das/ein Gesichtswasser(化粧水)
normale Haut(ふつう肌)
sensitive Haut(敏感肌)
trockene Haut(乾燥肌)
fettige Haut(オイリー肌)
mischhaut(混合肌 – 乾燥とオイリーの中間)

刺激の一番少ないのは敏感肌用の「sensitive」。他メーカーによっては「mild(マイルド)」とかもありますが、それでも多少刺激があったりするので最初は必ず少量で使ってみるのをおすすめします。

ひび・あかぎれ等

スキンケア・保湿クリームとは違い、医薬品レベルのものは薬局(Apotheke)で手に入ります。
日本ではオロナイン軟膏一択!※という方も多いかと思いますが、オーストリアでは「これで決まり!」と言うのは無いようで、症状に合わせて選ぶのが無難です。
薬局で「Salbe」をキーワードに探すと大体見つかります。

乾燥肌・傷がらみでよく聞くクリーム・軟膏

Bepanthen
https://www.bepanthen.at/
定評のある軟膏です。ひび・あかぎれに。

Hametum Wund- und Heilsalbe
https://www.hametum.ch/de/hametum/hautpflege-produkte/wund-und-heilsalbe/
これも有名。切り傷や皮膚・粘膜の炎症に。

Sudocrem
https://sudocrem.com/
肌荒れ、炎症時、にきび、湿疹、しもやけ、軽度やけど、切り傷、かぶれに。

Vaseline
https://www.unilever.co.jp/brands/our-brands/vaseline.html
ご存知ヴァセリンはこちらでも手に入ります。スキンケアアイテムなので肌の乾燥の他、化粧下にも使えますね。

Weleda Salbe
https://www.weleda.at/gesundheit/haut–bewegung
「カレンドラ ケアクリーム」の名前でこのヴェレダ製品も日本で見たことある人は多いかもしれません。
切り傷・擦り傷には「Calendula Wundsalbe」、腫れ物・膿瘍には「Heilsalbe」とされています。

Zink Salbe Gph
http://www.augegottes.at/produktdetail/zink-salbe-gph.html?detail=1633782
炎症、かすり傷、湿疹に。

使うかもしれないドイツ語

die/eine Salbe{サルべ}(軟膏)
rissige Haut(あかぎれ肌)

長期で滞在される予定であれば、ちょっと面倒かもですが乾燥シーズンの前にちょくちょく薬局でクリームを試しておくのがおすすめ。
乾燥でピリピリと痛くなったり血が出てしまってからだと、私の様に「マジこれでホントに大丈夫?合ってる?大丈夫? 😥 」と躊躇するハメになります。

なのでどうしても気になる方は、日本のオロナイン軟膏やユースキンAは荷物に余裕があるなら是非持って行きたいところですね。
また、赤ちゃんや小さなお子さんがいる方も使う予定が無くてもクリームは一つ準備していた方が良いかもしれません。

※ちなみにオロナイン軟膏は化粧下には使えません。

関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね