2022.10.02
明日10月3日ウィーン市庁舎前で第1回「Dirndl & Lederhosen」イベントが開催されます。
10月9日まではRoncalliサーカス団も来ているので一見の価値ありかと。
2022.09.21
サイトのデザイン変えました。さらばpjax。
2022.09.14
今が旬のぶどうが旨い。
2022.09.04
ザルツブルク・インスブルックにて10月5日・10月6日に大使館が領事出張サービスを行うみたいです。
2022.08.26
AIにウィーンの画像作らせたらすごい既視感のあるどこでもない場所が出てきた。
2022.08.21
メディマルでBRAUNのスチームアイロンが49,99→27ユーロ。
2022.08.15
以前ご紹介した電気・ガス代150ユーロ割引バウチャーの新規申し込みが10月末、引き換えが年末まで延長されたようです。
2022.08.08
ウィーンの「Hard Rock Cafe」が今日で8周年らしく、誕生日割引やってるみたいです。
2022.08.02
8月6日にシュテファンで「Hiroshima-Aktion」のランタン行進がある様です。
www.hiroshima.at
2022.07.26
割と室温高めのスーパーに置いてある生モノで「これほんとに腐ってないんかな…?」て思う時がたまにある…。
2022.07.18
Intersparででっかいホットサンドメーカー30ユーロで売ってて買おうかどうかかなり悩んだけど、一度も使わないで封印されてる未来が一瞬脳裏をよぎった…。
2022.07.08
まさか日本で銃撃事件とは…。
2022.07.08
明日明後日はウィーン軍事史博物館の中世なりきりイベント。
ガチャついた雰囲気が楽しめます。(入場は無料です)
www.hgm.at
2022.06.30
大玉ヒョウで車がボッコボコに。
youtube.com
2022.06.27
今年のドナウフェスの様子。
youtube.com
2022.06.14
Hoferで16×16×16cmのミニLED冷房機が24,99ユーロ。
デスク周りとか寝室用のサブに良さそう。
2022.06.10
かわいい…。これは触りたい…。
youtube.com
2022.05.30
CONRADで6月11日まで冷房系安くなってるので無い方は今のうちかも。
2022.05.18
バーガーキングで6月末まで使えるクーポン配布してるみたいです。
burgerking.at
2022.05.08
インフレのせいで切り花や観葉植物まで値上がりした様で、母の日のプレゼントを花からチョコレートに変える方の割合が増えているそうです。
2022.04.30
来年から食品の原産地明記が必須になるようです。
www.derstandard.at
2022.04.12
ネハンマー首相のロシア訪問が話題になってますね。
youtube.com
2022.04.05
保険料減免とかあるなら事業始めた時に知りたかった…。
2022.03.25
今年2022年の夏時間は3月27日午前2時から。
EUでの夏時間はそのうち無くなるかもらしいですね。
2022.03.21
3月24日からHoferで洗濯機が安そげ。
2022.03.17
オーストリアに着いたウクライナの避難民は3月15日時点で約129,000人らしいです。
ちなみにその85%がさらに他に国へ乗り継ぎ移動したとのこと。
2022.03.08
スーパーでぼーっとしながらウインナーと思ってかごに入れていたのがミニキャロットだった件。
売ってるコーナーすら違うのにどう間違えた…。
2022.02.20
バレンタインプレゼントの平均は約40ユーロで、一番人気がお花(半数以上)、次にスイーツ(約4割)、その次に香水や化粧品(2割未満)だったらしいです。
2022.01.31
HOFERでNoirのカカオチョコレート50%引きで爆買いしてしまった…。
(ほんとはLindtの99%が食べたい…)
2022.01.16
オミクロン株ヨーロッパでとんでもない勢いで増えてるみたいですね。
2022.01.08
在オーストリア日本大使館で現地スタッフ募集してますね!
大使館HP。(令和4年1月31日締切の様)
2022.01.01
明けましておめでとうございます。
2021.12.26
先週の「Lichtermeer」の様子。
www.youtube.com
ちなみに今日26日も同名のデモがあるようです。
2021.12.24
1月4日までアンケートやってます!
2021.12.15
毎年年末に向けて忙しくなるのつらい…。
というか今年はSilvesterやるのかな?
2021.11.29
ここのブログは閉じちゃったんですかね…?
wien.cocolog-nifty.com
最終更新から気になっていたので残念です…。
2021.11.26
日本のカレーが食べたくて勢いで作ってみた。
jpcurry.goesterreich.com
(けど英語がいまいち自信ない…)
2021.11.22
今日からまさかのロックダウン再開は予想外。
2021.11.19
2Gとか1GとかいつのまにかGが単位みたいな扱いに。
でもネット回線は4G・5Gだからなんかちょうど良い?ですね。
2021.11.10
クマのサーモンアイスケーキ。
youtube.com
見てると歯がシャリシャリする…
2021.10.27
10月29~30日どこかでSSLの切り替え作業をするため、一時的にサイト閲覧時ブラウザの警告が出る可能性があります。
警告が出た方は申し訳ございませんが、しばらく経ってから再度閲覧をお試しください。
→完了しました。
2021.10.19
Hoferで乾麺250gが0,69ユーロ、インドカレーペースト195g(赤・黄・緑)が1,49ユーロ。
家からアジアンショップ遠い場合はこういうので買いだめしても良いかも?
2021.10.11
寒い日は冷凍のピザに缶詰めのオリーブとパックのサラミのっけてトースターに放り込むだけのズボラ飯がウマい。
欲望に負けると追いチーズも。
2021.09.29
オーストリアは何だかんだで秋が一番過ごしやすくて美味しいものが多い気がする。
2021.09.21
定規は「das Lineal」、分度器は「der Zirkel」。
大人になって使う機会がないと単語を知る機会も滅多にないですね。
2021.09.13
Lidlで種無しブドウ500gが0.89ユーロ。ジャムとかに良いかも。(作ったことないけど)
2021.08.31
新しいIKEAのきれいなトイレも個人的には大事なポイント。
2021.08.23
イベント等の参加にワクチン接種のみを条件とする1Gルールが来るかも?
orf.at
2021.08.13
昨日8月12日からシュテファンでもワクチン接種できるように。
coronavirus.wien.gv.at
木~日曜の10時~21時まで。
2021.08.12
そういえば今年もドナウの花火大会なかったんですね…。
2021.08.02
気になった記事を後で読めるようお気に入り機能をしれっと追加しました。
2021.07.27
XXXLutzの姿見鏡9ユーロで安い。けど夏のお持ち帰りはちょっと大変…。
www.xxxlutz.at
2021.07.17
簡単ゴミ分別。
www.youtube.com
2021.07.11
このMöbelixテーブル安かった!
www.moebelix.at
2021.07.01
CONRADのMonoblock(スポットクーラー)ちょっと安い…かも?
www.conrad.at
2021.06.20
26日までMEDIAMARKTで卓上扇風機9ユーロです。
脱衣所用にとか良いかなと。
2021.06.10
BILLA PLUSのアジアンセール、パン粉と乾麺はとりあえず買いかなと。
わさびチューブとガリも気になったけど普段そんな使わないんですよね。
サーモンは滅多に買わないので高いのか安いのかよく分からない…。
2021.05.28
在オーストリア日本大使館で現地会計スタッフ募集してますね!
大使館HP。(令和3年6月18日締切の様)
2021.05.24
今日U4休み…?
2021.05.20
6月8日までホテルザッハーのショップ「全世界」送料無料だったんですね。
shop.sacher.com
流石に太っ腹。しかも「Weltweit」がさりげなさ過ぎて気付かないレベル。
2021.05.18
やっと明日からいろんなお店オープンですね!
2021.05.06
6日に使えるレディースクーポン。
www.woman.at
dysonやA1、HUMANIC、mömaxとか。
2021.05.01
安くてウマそう。こういうの2個買ってしまう。
www.burgerking.at
2021.04.23
というか今ってオーストリアに日本人の留学生いるのか…?
2021.04.15
今年もニラ取り出来る、というみんなしてるのかな?
2021.04.08
みなさんはBILLA PLUSもう行きましたか…?
イチゴとか安いのでおススメ。
2021.03.28
今日から夏時間!完全に忘れてて朝時計3回くらい見た…。
2021.03.23
Lidlの賞味期限近いBox。
corporate.lidl.at
4.5kgで3ユーロとか凄い安いけど実際どうなんだろう…。
2021.03.14
以前も大使館でやっていた給費留学制度が今年も募集しているみたいですね。
bmeia.gv.at
2021.03.14
もしかしてまたイースター無しですか…。
2021.03.07
コロナ流行り出してから1年経ってるんですね。当時はここまでになるとは1mmも思ってなかった…。
2021.02.20
ナッシュのFlohmarkt今日から再開らしいですね。久しく行ってないけど。
2021.02.13
Veganじゃないけど気になる。
www.veganista.at
バレンタイン限定もあるらしいです。
2021.02.07
こっちの人って酢豚のパイナップルとか平気なんだろうなって勝手に思ってる。
2021.01.31
Merkurが4月から「Billa Plus」に。
wien.orf.at
名前が変わるだけらしいですが切ない。
2021.01.24
冬+餅+ロックダウンの引きこもりトリプルコンボでほんとに体重増える。
2021.01.17
もはやロックダウンが通常運転みたいな感じになりつつある…今考えると去年春のロックダウンは本当にまだ序章でしたね。
2021.01.17
久々に大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
www.enquete-web.com
2021.01.01
明けましておめでとうございます。
2020.12.21
今年は手作り製品が買えるオンラインクリスマス市ってのも。
regionalis.shop
2020.12.13
来月から一部ワクチン接種開始(かも)らしいですね。
一般人向けはまだまだ先なのかな…。
2020.12.13
今年の大みそかは静かそう。
2020.12.06
クリスマス中止はネタでよくあるけどクリスマス市中止は悲報でしかないですね…。
2020.11.29
こういうサイトもあるんですね。
blackfridaysale.at
black-friday.at
来年はチェックしたい。
2020.11.08
柿Pはドイツ語でなんて言うのか…?Kaki & Erdnüsse?
2020.11.03
ウィーンのテロ銃撃事件、日本でもニュースやってる!
www.youtube.com/ANN
www.youtube.com/テレ東
2020.11.01
ロックダウン!
2020.10.31
スーパーもロックダウンに備えて蓄えているようなので今度は無理に買いに走る必要は無いそうですが、どうなんでしょうね…。
2020.10.31
今日の昼からのコロナデモ(Kärtner StrasseとRathausplatzの間)は夜7時までらしいので結構渋滞の予感。
ハロウィンなのに…。
2020.10.25
今日から冬時間。
日曜日に1時間多く寝られるってなんかイイ。
2020.10.11
こっちでしか見かけないプリングルスのレア味(?)取っておこうと思って買っちゃうけど、結局食べてゴミ箱行きになっちゃいますよね。毎回。
2020.10.03
大使館がOrigami動画公開してます。
www.youtube.com
2020.09.21
明日9月22日はWiener Linienの片道チケットが24時間チケットに。www.wienerlinien.at
車乗ってる人向けのキャンペーンなので仕方ないけど、普段Wiener Linien使ってる人は既にチケット持ってることがほとんどなので恩恵少ないですね。
2020.09.05
オーストリアのユーチューバー。www.youtuber-liste.at
個人ではないけどRed Bullやっぱりケタ違いに人気なんですね。
2020.08.29
Citybike復活してる!
2020.08.23
Switchってリージョンフリーなんですね…Saturnで買ってくるのも手か…
2020.08.15
8月は「HARD ROCK CAFE VIENNA」で毎週金曜日ポテト食べ放題。
hardrockcafe.com
2020.07.24
7月20日からÖBBでマスク着用義務違反者に罰金40ユーロ。バッグに予備のマスク常備しとかないとおっかないですね。
ÖBB
2020.07.18
また在オーストリア日本大使館で現地スタッフ募集してますね!
大使館HP。(令和2年8月12日締切の様)
2020.07.16
今週からCity Bikeのステーション数がかなり減ってた…
https://goesterreich.com/1952/
2020.07.09
割とどうでもいいけどHARIBOゴールドベアポムベアってどっちもドイツ生まれの黄色い熊で似てるんですね。(なお知名度は…)
2020.06.27
今話題のバウチャー狙いの郵便受け強襲、盗られた挙句カギ破壊とか最悪だけど投函口から盗られただけだと、そもそもバウチャー来てた事に気が付かないのも困りますね…。
2020.06.21
ついにウワサのウィーンバウチャー来ますね。
2020.06.20
普段あまり食べないのでずっと気が付かなかったけど、病気とかで体に優しい物しか食べられない状況の人からするとオーストリアは良い国だと思います。
果物もヨーグルトも旨い…!
2020.05.30
6月15日からさらにコロナ制限が緩和されるようですが、公共交通機関ではまだまだマスクは必須。
でも夏の暑い時期のマスク着用は暑そう…
2020.05.23
ウィーンのプラーターは新しいアトラクションも引っさげて5月29日から再開。
www.prater.at
2020.05.16
昨日からレストランが再開しましたね!久々にアツアツのシュニッツェルでもお店で食べたい!
2020.05.09
コロナで忘れやすいけど、まだの方はダニの予防接種も忘れずに。
2020.05.02
今日から大型店舗や美容院等も再開。かなり行けるお店が増えましたね。
2020.04.13
明日から公共交通機関でもマスク必須なのでうっかりに注意。 www.bundeskanzleramt.gv.at
2020.04.06
今日からある程度の大きさのスーパーでマスク必須らしい…
2020.04.05
なんとなく、ほんの少しだけどマスクしてる人に「Bitte?」って聞き返すのはマスクなしより気が引ける…
2020.03.18
U-Bahnスカスカ!?
2020.03.15
オーストリアのお店も営業時間制限確定ですかね。
2020.03.12
イタリアの飲食店がすべてお休みに。
kurier.at
2020.03.12
オーストリアでもイースター終了の4月14日まで自宅学習になるようですね。
2020.03.08
しかし最近は連日コロナか政治のニュースばっかりですね。
2020.03.01
ザルツブルグでもコロナでましたね…
2020.02.27
ついにウィーンでも発症者か…
2020.02.26
コロナウイルスの影響でインスブルックのグランドホテルが閉鎖。
これ見るとイタリアやばいですね。
kurier.at
2020.02.23
1980年2月29日生まれのみという超限定キャンペーン。
www.thermewien.at
2020.02.13
Billaで見かけた「バレンタイン用Sushi Box」という新しいジャンル。
2020.02.05
Semmeringの方、特に突風凄かったらしいですね。
2020.02.02
シュワちゃんウィーン来てたみたいですね。ユダヤ博物館も訪れたとか。
www.youtube.com
2020.01.22
また在オーストリア日本大使館で現地スタッフ募集してますね!
大使館HP。(令和2年2月7日締切の様)
2020.01.21
来年建設予定の新しいIKEA。なんか未来チック。
www.ikea.com
Westbahnhofだと行きやすい人も多そうですね。
2020.01.13
今年のウィーンSilvesterの様子。
www.youtube.com
いっつも街中にいるから分からなかったけど、こんな広範囲で花火上がってたとは。
2020.01.01
明けましておめでとうございます。
2019.12.30
インスブルックのSilvester、こんなかっこいいのやってるんすね。
www.innsbruck.info
2019.12.24
今日はスーパー一部を除きほぼ13時までなのでお買い物は午前中の内に!
2019.12.15
今日から24日までSaturnで色々安いですね、掃除機とか。
www.saturn.at
2019.12.03
今年12月15日から一部S-Bahnが週末・夜も運行するように!
www.wien.gv.at
2019.11.21
ドイツ語シュワちゃんとリンダ・ハミルトン。
www.youtube.com
2019.11.04
アドベントカレンダーをお土産に~等の予定の方はそろそろ買い時になってきます。(クリスマスのお土産についてはこちら
今年のクリスマスグッズはアナ雪2のパッケージ多いですね。
2019.10.18
いまさらながら検索窓つけました。
2019.10.09
プラーターのSchweizerhausの2019年営業日は10月31日まで。
2020年3月15日再開らしいです。ちなみに30・31日はイベントあるみたいですね。
2019.09.22
2019.09.22
爆発気味だった仕事が落ち着いてきたので記事の遅れをとりもどす!
2019.09.09
チロルで初雪。ってレベルじゃない雪の量。
tirol.orf.at
2019.09.02
WienのStrassenbahnでSimmeringとFavoritenを繋ぐ「Linie 11」が新しく開通したようです。
2019.08.26
また在オーストリア日本大使館で現地スタッフ募集してますね!
大使館HP。(令和1年9月13日締切の様)
2019.08.15
パンはオーストリア得意だけど菓子パンの豊富さは日本の方がはるかに多い。カレーパンとかないですし。
あと「食パン」へのこだわりも日本の方が凄味があります。
2019.07.28
ウィーンAlte Donauの花火大会は、来週8月3日に延期。
https://goesterreich.com/2242/
2019.07.11
ウィーン市庁舎のFILM FESTIVAL、明日12日の17:00からはディズニーのファンタジア。
https://filmfestival-rathausplatz.at/programm/film/fantasia-1/
2019.07.03
ウィーンFloridsdorfで電車の衝突事故。
https://www.youtube.com/watch?v=7kw_gLYfHYc
2019.06.30
普段あんまり買わないけどたまに食べたくなる味付きひき肉(manriniert)のご飯のっけ丼。
ケバプとかハンバーグの形に成形されてるので焼く前にほぐしてそぼろっぽく。
ビールに合います。
2019.06.19
Wiener Staatsoperの若手養成プログラム(29才以下)
https://www.wiener-staatsoper.at/studio/
登録は2019年9月30日まで。
2019.06.09
首相の他に大統領もいるのは知らなかった。
2019.05.28
5月24日にStammersdorfでインドコブラを見たって通報があったらしく、AKHも「血清あるぞ!」とか言ってたものの、昨日実はおもちゃのヘビでしたってことが分かったらしいですね。
2019.05.12
2019年5月11日のウィーンSimmering屋根部屋での火災の様子。
https://www.youtube.com/watch?v=FgZD3dnKWBA
2019.05.02
ちなみにオーストリアにも母の日・父の日はありますが、子供の日は日本だけ。
母の日は日本と同じく5月の第2日曜日なので2019年は5月12日です。
2019.04.21
ソーシャルに依存しない評価ボタンを追加してみました。
2019.04.11
4月11日~13日、15日~17日はBilla会員セールでちょっぴり安い。
billa.at
2019.04.01
今日から夏時間!
2019.03.18
今在オーストリア日本大使館で現地スタッフ募集してますね!
大使館HP。(平成31年4月3日締切の様)
2019.03.03
BILLAのレゴポイント付くのは2019年4月17日まで。(使用は28日まで)
別に要らないのに見てるとなんだか欲しくなってくる…
2019.02.17
今日からですね!直行便!
シュヴェヒャート空港の到着一覧
2019.02.12
SATURN明後日までセールだったんですね。プリンターが気になる…
saturn.at
2019.02.04
そういえば、今更ながら日本では滅多に見ないものの一つ「1+1」Gratis。
実際には50%引きなのに何だかお得感がスゴイ。
2019.01.25
Merkurの3分クッキングがコンパクトで見やすい!
fraenz.merkurmarkt.at
2019.01.13
毎年冬休みはやろうと思っていた事の半分もできずに終わる…
2019.01.01
明けましておめでとうございます。
2018.12.28
お餅が手に入ったらお好きなベーコンとチーズで磯辺焼きがおススメ。
海苔はBILLAとかでも手に入ります
2018.12.16
寒い中ピザをお持ち帰りして歩いて帰る時のワクワク感。
2018.12.06
これ乗りたい!
Manner公式サイト
予約はできないみたいですが乗車は無料です。
2018.11.29
クリスマスマーケットは今度寄ろうと思ってるうちに終わってしまう…
2018.11.15
来週寒そう。ウィーンも雪の準備しといたほうが良いかも。
2018.11.05
今大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/8720994dd51cacfa9ea595d6a901cef
お気に入り一覧
TOP
情報
ウィーン
ザルツブルグ
旅行
初めてのオーストリア生活
あなたは全部回れる?初めてでも分かるオーストリアの世界遺産
公開日:2022.9.20 更新日: up! 情報, ウィーン, ザルツブルグ, 旅行, 初めてのオーストリア生活 あなたは全部回れる?初めてでも分かるオーストリアの世界遺産

オーストリアには2022年現在全部で12種類の文化・自然遺産がユネスコ世界遺産に登録されています。

名所が数多く存在するオーストリア旅行・観光において、初めての場合限られた時間・予算の中で最大限楽しむにはどう回るかのプランが非常に重要です。

ここではそれぞれの概要からアクセス方法・観光での見どころまで初めての方にも分かりやすくご紹介していきます。

ページ後半にてそれぞれの世界遺産の場所を地図でもご紹介していますので、位置関係を確認したい場合にもご参考にお使いください。

ウィーン歴史地区

Historisches Zentrum von Wien

スライドショーには JavaScript が必要です。

オーストリア観光ならここに行かなきゃ始まらない、ヨーロッパ有数の世界都市・オーストリアの首都ウィーンの中でも最もエッセンスの詰まったエリアです。
正直ここさえ押さえておけばオーストリア観光の半分は平らげたといっても過言ではないでしょう。

見どころ

歴史的建造物、美術館、博物館、宮殿、教会の他、首都の中心部でもあるため市庁舎、大学、議会議事堂等が所せましと立ち並びます。

また、「音楽の都」としてモーツァルトやベートーヴェン、シューベルト等の誰もが知る音楽家たちが活躍したウィーンでは、世界的にも絶大な人気を誇るウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地ウィーン楽友協会、ウィーン国立歌劇場、ウィーン・コンツェルトハウス等にも足を運ぶことが出来ます。

歴史地区としてのポイントからは外れますが、ウィーナーコーヒーをはじめとするカフェ文化の中心でもあり、名菓ザッハートルテの本家ザッハーホテルやデメル、カフェ・ツェントラル、カフェ・ラントマン等のカフェにも足を運ばざるを得ません。

なお、ウィーンの歴史地区は市内の中心部を指しており、1区にあるシュテファン寺院を中心とした環状線(リング通り)のエリアになります。
エリアと言っても実際の距離はそれほど大きいものではなく、徒歩でも30分程度で端から端まで到達できる規模感です。

周辺にある観光施設・名所など

ここで全てをご紹介するのは難しいですが、特に有名な観光ポイントを挙げるとすれば以下の通り。

  • シュテファン大聖堂(Stephansdom)
  • カールス教会(Karlskirche)
  • ベルヴェデーレ宮殿(Schloss Belvedere)
  • ホーフブルク宮殿(Hofburg)
  • ウィーン市庁舎(Wiener Rathaus)
  • オーストリア議会議事堂(Parlamentsgebäude)
  • ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)
  • ウィーン楽友協会(Musikverein Wien)
  • ウィーン・コンツェルトハウス(Wiener Konzerthaus)
  • ブルク劇場(Burgtheater)
  • ウィーン大学(Universität Wien)
  • ウィーン国立音楽大学(Universität für Musik und darstellende Kunst Wien)
  • ウィーン・コンセルヴァトリウム音楽大学(Musik und Kunst Privatuniversität der Stadt Wien)
  • ウィーン自然史博物館(Naturhistorisches Museum Wien)
  • 美術史美術館(Kunsthistorisches Museum)
  • アルベルティーナ(Albertina)
  • ミュージアム・クウォーター(Museums Quartier)
  • 市立公園(Stadtpark)
  • カールスプラッツ駅(Karlsplatz)
  • アンカー社のからくり時計(Ankeruhr)
  • ホテル・ザッハー(Hotel Sacher)
  • カフェ・ラントマン(Café Landtmann)
  • カフェ・ゲルシュトナー(Gerstner)
  • オーバーラー(Oberlaa)
  • デメル(Demel)
  • カフェ・ツェントラル(Central)
  • カフェ・モーツァルト(Mozart)
  • カフェ・シュペール(Sperl)

ウィーンでの住所

シュテファン寺院(中心部)
Stephansplatz 3, A-1010 Wien

ザルツブルク市街の歴史地区

Historisches Zentrum der Stadt Salzburg

スライドショーには JavaScript が必要です。

ザルツブルクはその名の通り紀元前から岩塩(ドイツ語でSalzは塩、Burgは城砦)で栄えてきたドイツ国境近くの小さな町。

ウィーンに負けず劣らず歴史・宗教・文化の面で世界に名を知られるオーストリア自慢の都市です。

街を6:4程度の比率で縦に割るかの様にザルツァッハ川(Salzach)が流れており、

  • 左岸の旧市街(Linke Altstadt)
  • 右岸の旧市街(Rechte Altstadt)
  • ノンタール(Innere Nonntal)
  • ミュルン(Innere Mülln)
  • メンヒスベルク(Mönchsberg)
  • フェストゥングスベルク(Festungsberg)
  • カプツィーナベルク(Kapuzinerberg)

のエリアが歴史地区として指定されています。

見どころ

上述の通り、はるか昔からその価値を認められてきた岩塩の産地であるこの街は特に政治と宗教の点で多くの歴史があり、地区内にも大聖堂や教会・修道院や城・宮殿等が数多く立ち並んでいます。

街自体もそれほど大きくはなく装飾的な鉄細工の看板が並んでいる通りが多いことや、かの有名な映画「サウンド・オブ・ミュージック」のロケ地として多数使われていることから首都ウィーンとは違い可愛らしい街並みと評されることも少なくありません。
いわゆる路地裏・小道にも隠れた名店が潜んでいたりするので、散策の楽しさという点ではウィーンよりも好きという方も多い様です。

ザルツブルクには独自の郷土料理もいくつかあり、

  • ザルツブルクの山々を意味するザルツブルガーノッケルン(Salzburger Nockerln)
  • カレー風味のホットドッグボスナ(Bosna)
  • モーツァルトの絵柄でパッケージされたチョコレートボールのモーツァルトクーゲル(Mozartkugel)

等が非常に人気です。

また、クラシック作曲家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが生まれた街としてクラシック音楽も非常に栄えており、コンサートや音楽祭も数多く、音楽・舞台芸術の総合芸術国立大学モーツァルテウムはウィーン国立音楽大学に匹敵するほどの名門校として知られています。

周辺にある観光施設・名所など

こちらも全てをご紹介するのは難しいですが、特に有名な観光ポイントを挙げるとすれば以下の通り。

  • ホーエンザルツブルク城(Festung Hohensalzburg)
  • ミラベル宮殿(Schloss Mirabell)
  • ヘルブルン宮殿(Schloss Hellbrunn)
  • レジデンツ広場(Residenzplatz)
  • グロッケンシュピール(Glockenspiel)
  • モーツァルト広場(Mozartplatz)
  • ザルツブルク大聖堂(Dom zu Salzburg)
  • 聖ペーター僧院教会(St. Petersstiftskirche)
  • ノンベルク修道院(Stift Nonnberg)
  • 三位一体教会(Dreifaltigkeitskirche)
  • 祝祭大劇場(Großes Festspielhaus)
  • モーツァルト記念館(Mozarts Geburtshaus)
  • モーツァルテウム(Mozarteum)
  • 人形劇場(Marionettentheater)
  • ゲトライデ通り(Getreidegasse)
  • ゴルト通り(Goldgasse)

ウィーンからの移動方法(一例)

ウィーン「Meidling」駅→電車→ザルツブルク(片道約2時間半)

シェーンブルン宮殿と庭園群

Schloss Schönbrunn

スライドショーには JavaScript が必要です。

年間約670万人が訪れるオーストリア・ウィーンでも屈指の名所。

ハプスブルク家が建てた、まるでディズニー映画に出てきそうなほど美しいバロック様式の宮殿に加え、敷地内には広大なフランス式の庭園、迷路、世界最古の動物園等、一粒で様々な景観を楽しむことが出来ます。

見どころ

宮殿の後ろには世界最大規模の「グロリエッテ」が丘の上に建ち、そこから見える庭園の全景とウィーンの景色と交互に味わうカフェでのひと時は是非一度行っておきたい場所です。

ちなみにオーストリアではチョコレートボールの名菓モーツァルトクーゲル(Mozartkugel)がお土産の定番の一つですが、ここで買えるSissi(エリザベート皇后の愛称)版モーツァルトクーゲルや食器類等も一味違うお土産としておすすめです。

ウィーンでの住所

Schönbrunner Schloßstraße 47, A-1130 Wien

グラーツの市街-歴史地区とエッゲンベルク城

Stadt Graz – Historisches Zentrum und Schloss Eggenberg

スライドショーには JavaScript が必要です。

グラーツは観光地としての知名度はウィーン・ザルツブルクに後れを取りがちですが、その規模はオーストリア第2の都市として知られており、学生数約6万人を誇る大学都市としての学術面や工業化による発展が目覚ましい歴史を持つ都市です。
また、エッゲンベルク城をはじめとする美術館や武器庫博物館も観光名所の核を担いつつ、発展した農業コミュニティによるトリュフや塩漬け肉・ワイン・パンプキンシードオイル等の美食の街としてもその名を馳せています。

見どころ

華やかなウィーンや可愛らしさを持つザルツブルクとは異なり街の雰囲気自体は比較的落ち着いているものの、町全域をカバーする交通網、豊富なモニュメント、現代美術や音楽のフェスティバルも相まって散策のしやすさは他都市に全く引けを取りません。

しかしその真価は歴史背景を知ることで発揮されます

街並み全体が世界遺産に登録されているのは、ゴシック様式・ルネサンス様式・バロック様式の保存状態の良い歴代建築物が今でも実際に使われている建物として生きているため。

言い換えれば、この街を散策するという事は当時の時代の街並みを見聞きしながら練り歩くという事でもあり、まるでゲームでしかお目にかかれないような中世時代の城下町を自分自身の目線で体験できるという事です。

周辺にある観光施設・名所など

全てをご紹介するのは難しいですが、特に有名な観光ポイントを挙げるとすれば以下の通り。

  • エッゲンベルク城(Schloss Eggenberg)
  • シュロスベルク(Schlossberg)
  • 王宮 – 二重の螺旋階段(Doppelwendeltreppe)
  • アッテムス館(Palais Attems)
  • グラーツ大聖堂(Dompfarre Graz)
  • マウソレウム – 霊廟(Mausoleum)
  • 聖血教区教会(Grazer Stadtpfarrkirche)
  • 聖母救済教会(Mariahilferkirche)
  • 武器博物館(Landeszeughaus)
  • 鐘楼広場(Glockenspielplatz)
  • ラントハウス – 州庁舎(Landhaus)
  • ゲマルテスハウス(Gemaltes Haus)
  • グラーツ歌劇場(Opernhaus Graz)
  • グラーツ大学(Karl-Franzens-Universität Graz)

ウィーンからの移動方法(一例)

ウィーン「Meidling」駅→電車→グラーツ(片道約2時間半)

エッゲンベルク城
Eggenberger Allee 90, A-8020 Graz

ザルツカンマーグート地方のハルシュタットとダッハシュタインの文化的景観

Kulturlandschaft Hallstatt–Dachstein / Salzkammergut

スライドショーには JavaScript が必要です。

世界の湖岸で最も美しい街
もはや観光理由としてこれ以上ないほどシンプルで納得できる、世界が認める評判の場所です。

ハルシュタット湖と湖畔に佇む小さな街並みの景観写真はもはやオーストリアの観光ガイドには欠かせない程の絶景といえるもので、人口1,000人にも満たない、徒歩で片道たった30分程度で端から端まで行けてしまうこの街の大きさからは考えられないほど、世界中からの旅行客で賑わっています。

さらにその価値を押し上げるのが周囲の大自然。
共に世界遺産として登録された、オーストリア中央部の最高地点であるダッハシュタイン山塊やこのハルシュタットが所属するザルツカンマーグート地方の恵まれた山や湖は、スポーツも楽しめるレジャー・保養地として歴史的にも観光産業の発祥の地として認められています。

見どころ

絶対に外せないものの1つがハルシュタット塩抗です。
人口のハリボテではない本物の塩抗内の様子を伺うことが出来るほか、ラストの特大滑り台で歩いた疲れも吹き飛びます。

また、ハルシュタット湖遊覧船も外せません。
思い出に残るシャッターを切るならば、街から撮る湖、湖から撮る街並みどちらも甲乙つけがたいものです。

通常オーストリア内ではあまり食べられない魚料理も味わうことが出来ます。
湖畔の「塩の町」という事もあって、ニジマスの塩焼きが有名で、街中のレストランの多くで提供されています。

周辺にある観光施設・名所など

特に有名な観光ポイントを挙げるとすれば以下の通り。

  • マルクト広場(Marktplatz)
  • 世界遺産展望橋(Aussichtsplattform “Welterbeblick”)
  • ハルシュタット博物館(Museum Hallstatt)
  • クリッペンシュタイン(Krippenstein)
  • ルーテル教会(Evangelische Kirche Hallstatt)
  • マンモス洞窟(Mammuthöhle)
  • ハルシュタット納骨堂(Beinhaus in Hallstatt)

ウィーンからの移動方法(一例)

ウィーン「Meidling」駅→電車→リンツ→電車→Bad Goisern Jodschwefelbad→バス→ハルシュタット(片道約4時間)

ヨーロッパの大温泉保養都市群

Bedeutende Kurstädte Europas

ドイツ・オーストリア・ベルギー・フランス・イタリア・イギリス・チェコの7か国に存在する11の天然鉱泉による温泉都市の総称です。

オーストリアではウィーンの南に位置する人口約2万の小さな町「バーデン・バイ・ウィーン(Baden bei Wien)」が該当します。

見どころ

有名なクラシック作曲家ベートーベンも滞在していたという硫黄泉の湧く温泉地。
リウマチ・循環器疾患・骨折等の治療にも効果があるとされており、小さいながらも市内にはいくつもの温泉施設・マッサージ店・アロマ販売店等が立ち並びます。
ウィーンから電車1本で行けることもあり、肌寒い冬に浸かる温泉は日帰り旅行としてもおすすめです。

ウィーンからの移動方法(一例)

ウィーン「Meidling」駅→電車→バーデン(片道約20分)

ウィーン・バーデン間専用のローカル電車もあります。

ウィーンKarlsplatz(Resselgasse)→電車→バーデン(片道約1時間)

ゼメリング鉄道

Semmeringbahn

スライドショーには JavaScript が必要です。

オーストリアの南東部、ニーダーエスターライヒ州・シュタイアーマルク州の境界にそびえたつゼメリング峠。
首都ウィーンと第二の都市グラーツやイタリア・スロベニア等の近隣国都市への移動にも通過する峠ですが、ここを通る山岳鉄道が「ゼメリング鉄道」です。

見どころ

全長41.825km・高低差は460mにもなり、広大な森林のさらに上方を通過する列車からの景色は格別。

ウィーンからの移動方法(一例)

世界遺産としてはウィーンとグラーツ・クラーゲンフルトやフィラハ等を結ぶ路線自体を指します。
そのため、これらの都市間を移動する途中でその景色を見渡すことが出来ます。
ただし、同じ行先であっても路線によっては別のルートを通るものもあるため、通りたい場合は事前のルート確認が必要です。

ヴァッハウ渓谷の文化的景観

Wachau

スライドショーには JavaScript が必要です。

オーストリアを流れるドナウ川流域の内でウィーンとリンツの間、国内北部にある山々に挟まれた36kmほどの地帯が「ヴァッハウ渓谷」と呼ばれる場所です。
この地帯には古代の時代の遺産・痕跡が存在しており、特に崖の上にそびえたつ世界的に有名な修道場「メルク修道院」が大人気のエリア。
このバロック建築による修道院には中世時代の書物・絵画・楽譜などが図書室に保管されています。

見どころ

この渓谷を実際にクルーズ船で観光するツアーが世界中からアクセスを集めており、1日費やしてでもクレムス・アン・デア・ドナウ~ヴァッハウ渓谷~メルクを遊覧することをおすすめします。

周辺にある観光施設・名所など

  • メルク修道院
  • シェーンビューヘル城(Schloss Schönbühel)
  • アックシュタイン城(Burgruine Aggstein)
  • ゲットヴァイク修道院(Göttweig Abbey

ウィーンからの移動方法(一例)

公共交通機関で陸路を行く場合は

ザンクト・ペルテン経由(片道約2時間半)
ウィーン「Meidling」駅→電車→ザンクト・ペルテン→電車→クレムス→Weißenkirchen in der Wachau

トゥルン経由(片道約2時間)
ウィーン「Heiligenstadt」駅→電車→クレムス→Weißenkirchen in der Wachau

があります。
修道院があるメルク経由でも行くことができ、

メルク経由(片道約2時間半)
ウィーン「Meidling」駅→電車→ザンクト・ペルテン→電車→メルク→バス→Spitz / Donau Hinterhaus→バス→Weißenkirchen in der Wachau

という経路もあるため、行きと帰りで違う景観を楽しみたい場合はおすすめです。

しかし、ヴァッハウ渓谷の景観を最も楽しめるのは陸路ではなく航路。

クレムス~ヴァッハウ~メルク

の間は、有名なドナウ川クルーズ船ツアーが運航しています。(冬季を除く)

最長経路(片道2時間半~3時間程度)の往復チケットでも37,50ユーロ程なので、クルーズ船の運航している夏季の訪問であれば是非おすすめしたいツアーです。

フェルテー湖・ノイジードル湖の文化的景観

Neusiedler See

スライドショーには JavaScript が必要です。

複数の小さな町が周りに点在するオーストリア西部の大きな湖。
面積の約3/4がオーストリア、残り1/4がハンガリーにまたがっています。
上述の通り、昔からこの湖の周辺には色々な文化が集まる町が発展してきた歴史があり、湖そのものが世界遺産というよりは、この一帯全てが高い価値を認められている一味違った観光地です。

見どころ

毎年夏には約20万人が訪れる湖上の幻想的なオペレッタ音楽祭「メルビッシュ湖上音楽祭」や水泳大会が開催されています。
また、ノイジードラー・ゼー – ゼーヴィンケル国立公園が隣接しており、美しい自然が堪能できる場所でもあります。
ワインの名産地としてもその名を知られており、自分用にあるいはお土産に銘酒を持ち帰るのも良いかもしれません。

ウィーンからの移動方法(一例)

フェルテー湖・ノイジードル湖は同じ1つの湖の名称で、「フェルテー湖」はハンガリー語、「ノイジードル湖」はドイツ語での呼称となります。
そのためここではノイジードル湖で統一してご紹介します。

ノイジードル湖に行く、というのは実際には

  • ノイジードル湖の周りの町に行き、そこから徒歩で散策する

という意味です。
この湖の周りにあるいくつもの小さな町があり、散策したい町に合わせて経路が多少異なります。

ウィーン「Hauptbahnhof」駅→電車→Neusiedl am See(片道約40分)

ウィーン「Hauptbahnhof」駅→電車→Neusiedl am See→電車→Weiden am See(片道約1時間)

ウィーン「Meidling」駅→電車→Ebreichsdorf→バス→Eisenstadt→バス→Rust am See Franz-Josef-Platz(片道約1時間半)

ウィーン「Meidling」駅→電車→Ebreichsdorf→バス→Eisenstadt→バス→Mörbisch am See Ödenburger Straße(片道約2時間)

一番近いのは「Neusiedl am See(ノイジードル)」の町ですが、「Rust am See(ルスト)」はワイン、「Mörbisch(メルビッシュ)」は野外オペレッタと小さいながらも散策しがいのある町が並ぶため、多少移動時間を割いてでも訪れる価値はあります。

また、もし湖の東側にある国立公園もセットで訪れたい場合は、

ウィーン「Hauptbahnhof」駅→電車→Parndorf Ort→バス→Neusiedl am See→バス→Illmitz Obere Hauptstraße(片道約2時間)

等の経路を取る形になります。

アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群

Prähistorische Pfahlbauten um die Alpen

スライドショーには JavaScript が必要です。

杭上住居というのは高床式住居のことで、柱等でその床面を地面、水面より高くした建物のことです。
アルプス山脈周辺には紀元前5000年頃から前500年頃に建てたとされる杭上住居の遺跡群が残っており、周辺6カ国111件の遺跡群の内、オーストリアでは国内の湖上に存在する5件が登録されています。

見どころ

湖や湿地上に建てられた丸太の住居というのは世界的にも中々ないもので、RPG等のゲームでしか見かけないような非日常空間を散策することが出来ます。

ウィーンからの移動方法(一例)

オーストリア内の杭上住居群は計6か所。

  • Keutschach am See(1か所)
  • Attersee am Attersee(3か所)
  • Seewalchen am Attersee(1か所)
  • Mondsee(1か所)

「Keutschach」以外は場所的に集中しており、「Seewalchen」は「Attersee」へ向かう途中にあります。
「Mondsee」もその側にあるものの直通する公共交通機関が無く、最寄りの「Unterach/Attersee」までバスで来た後は車かタクシーで辿り着く他ありません。

景色が良いので徒歩でも行けなくは無いですが、約2.7kmと自転車ならまだ検討の余地はあるかもしれない距離感です。
また「Keutschach」「Mondsee」にあるのも1か所だけなので、余程時間に余裕がある場合以外は「Attersee」だけで十分かもしれませんね。

Keutschach am See(片道約5時間)
ウィーン「Meidling」駅→電車→クラーゲンフルト「Hauptbahnhof」駅→バス→Keutschach am See Gemeindeamt

Attersee am Attersee(片道約3時間)
ウィーン「Meidling」駅→電車→Vöcklabruck→バス→Attersee Bahnhof (Nußdorfer Straße)
ウィーン「Meidling」駅→電車→Vöcklabruck→電車→Vöcklamarkt→電車→Attersee Bahnhof

Seewalchen am Attersee(片道約3時間)
ウィーン「Meidling」駅→電車→Vöcklabruck→バス→Litzlberg/Attersee Ort

Mondsee(片道約3時間半)
ウィーン「Meidling」駅→電車→Vöcklabruck→バス→Unterach/Attersee→車/タクシー→Seeache Brücke

ローマ帝国の国境線(ドナウ / リーメス)

Limes (Grenzwall)

スライドショーには JavaScript が必要です。

紀元前27年~1453年に栄えたローマ帝国時代の国境長城跡、それが「リーメス(Limes)」です。
ドナウ川からライン川まで広大に設けられており、ドナウ川が流れる現代のオーストリア領土内にもその一部がまたがっています。

見どころ

外敵を撃退するため長城にはある程度の間隔で砦や物見櫓も建てられており、実際に目にすると当時の建築様式や傷跡を感じることが出来ます。

ウィーンからの移動方法(一例)

リメス(ローマ帝国時代の防砦)は1か所ではなく、オーストリア国内に広く点在しています。

全てを見て回るのはあまり現実的ではないため、一番手軽にその一端を見ることが出来る場所として、ウィーン市内のミヒャエル広場にある遺跡が挙げられます。

Michaelerplatz 5, A-1010 Wien

カルパティア山脈とヨーロッパ各地の古代及び原生ブナ林

Alte Buchenwälder und Buchenurwälder der Karpaten und anderer Regionen Europas

現代でも手付かずに残されているヨーロッパブナ林の多彩さが認められている世界遺産です。
カルパティア山脈というのはスロバキア・ポーランド・ウクライナ・ルーマニアと・チェコ・ハンガリー・セルビアにまたがる全長約1500kmの巨大な山脈。

オーストリアは直接これにかかるわけではありませんが、この山脈にも存在するヨーロッパブナの原生林が国内にも存在するため登録国の1つとなっています。

見どころ

その名の通り、ヨーロッパブナ林はヨーロッパ周辺の気候環境でしか見られないもので、地面にはわずかしか日光が届かない山間部の森林のみの場所です。

他の世界遺産と違い人が見て美しいかどうかの観点ではなくその生態系に価値が見出されているため、他の観光地と違いここを訪れるのはあまり簡単ではありません。
しかし国内2か所はいずれも訪問が不可能な場所ではないため、雄大な自然の美しさを堪能できるオーストリアの秘境として魅力ある場所になっています。

ウィーンからの移動方法(一例)

オーストリアではヨーロッパブナの森林として「デュレンシュタイン(Dürrenstein)」「カルカルペン(Kalkalpen)」の2か所が該当します。

Dürrenstein
山脈内のため、最寄りの「ゲストリング・アン・デア・イップス」までのアクセスルートです。
ウィーン「Meidling」駅→電車→アムシュテッテン→バス→Pockau b.Gaming Maut/Abzw Gresten→バス→Göstling/Ybbs(片道約3時間)
ウィーン「Meidling」駅→電車→ザンクト・ペルテン→電車→Laubenbachmühle→バス→Neubruck b.Scheibbs Alte Fabrik→バス→Göstling/Ybbs(片道約3時間)

Kalkalpen
カルカルペン国立公園に最も近い、「ヴィンディッシュガルシュテン(Windischgarsten)」までのアクセスルートです。
ウィーン「Meidling」駅→電車→リンツ→電車→Windischgarsten Bahnhof(片道約2時間半)
ウィーン「Meidling」駅→電車→レオーベン→電車→Windischgarsten Bahnhof(片道約4時間半)

オーストリアの世界遺産すべてを一周・観光することは可能?

出来る・出来ないで言えばもちろん可能ではありますが、かかる費用・時間を考えるとあまり現実的ではありません

先史時代の杭上住居群・原生ブナ林等、そこへ行くための公共交通機関の選択肢があまり多くなく移動を制限されるものもありますし、ローマ帝国リーメスの様にそのすべてを見て回ろうと思ったらかなりの移動回数が必要なるものもあります。

もちろん絶対にこれらを生で見たい!という場合には行くべきだと思いますが、オーストリア旅行・観光という目的で考えた場合、限られた時間を有効に使う場合ある程度の取捨選択がベストかと思われます。

世界遺産イコール美しい観光名所というわけではない

ここで一つ知っておきたいのが、世界遺産へ登録される理由というのはその美しさだけが評価基準ではないという事です。

例えばゼメリング鉄道が世界遺産に登録された最大の評価基準は「自然との調和」、景観デザインや建築様式が認められてのものです。

杭上住居群についても、保存状態の良い遺跡群がアルプス周辺地域における農耕生活の様子を理解する上で非常に重要な貢献をしたこと等がポイントとなっています。

ブナ林も、重要な生態学的・生物学的プロセスを示す顕著な見本であることが評価の理由に含まれています。

つまり、世界遺産に登録されるのは何も観光地として価値が高いからという理由ではなくても良いわけですね。
言い換えると限られた観光・旅行において世界遺産かどうかを主軸に目的地を決めるのはベストな方法とは言えないことになります。

もちろんウィーンその他都市の様に、地区自体がその価値を認められている場所へは行きやすさ・散策しやすさも兼ね備えているので優先順位を高くても良いかと思いますが、移動の不便さや費用がかかる等のデメリットがある場合には本当に見たいのかどうかをよく検討した方が、より充実した旅行プランになるかと思います。

一周できる最短ルートと満足できる最低滞在日数

それでも、どうしても全部見て回りたい…!という場合にはどのルートで回るのが無理なく最短なのか、ご参考までに検討してみました。

オーストリアへの入国はほとんどの場合飛行機での乗り入れになるかと思いますので、シュヴェヒャート国際空港を起点にウィーンへ向かう所から始まります。

なお、杭上住居群はAttersee、リーメスはウィーン「Michaelerplatz」、ブナ林はヴィンディッシュガルシュテンへ訪れる想定で計算しています。

  1. ウィーン・シュヴェヒャート国際空港
  2. ウィーン(3日)
  3. ローマ帝国の国境線・リーメス(0.1日)
  4. シェーンブルン宮殿(0.7日)
  5. ノイジードル湖(0.5日)
  6. バーデン・バイ・ウィーン(0.5日)
  7. ゼメリング鉄道(0日)
  8. グラーツ(1.5日)
  9. 古代及び原生ブナ林(1.5日)
  10. ハルシュタット(1.5日)
  11. 杭上住居群(0.2日)
  12. ザルツブルク(1.5日)
  13. ヴァッハウ渓谷(0.7日)

ざっくりと言えばゼメリング鉄道が通る下オーストリアから回り始めてザルツブルクでUターンしてウィーンに帰ってくる形で、一応この通りに行けばオーストリアの世界遺産を1周した、と言えるかもしれませんが、この通りの最低日数で行けばかなり疲れます。(それでも移動時間を含めれば約2週間かかります)

世界遺産以外にもおすすめの場所はたくさんある

地図からも分かる通り、世界遺産だけを拾っていってもオーストリアの全てを回れるわけではありません。
この国にはインスブルックやリンツ、フィラッハ等まだまだ一度は訪れて損はない街がいくつもあります。

一番大事なのは自分にとって充実した旅行体験をおくること。
世界遺産も観光の目的地としては大事な基準にはなりますが、自身が見たい・行きたいと思うかどうかが最も大事な旅行プラン作成の肝です。

役に立った!
この記事は役に立ちましたか?
読み込み中...
今後の記事を書く際の参考にさせてもらってます!
関連する…かもしれない記事
Japanese Curry Rice NFT Collection
Post dein NFT Art
Web Unterstützung
background bg
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね