TOP
お知らせ
情報
小ネタ・雑記
街に人がいない!オーストリアでのコロナウィルスの影響について
公開日:2020.3.20 更新日: お知らせ, 情報, 小ネタ・雑記 街に人がいない!オーストリアでのコロナウィルスの影響について

コロナウィルスの影響は今の段階でオーストリアでもかなり深刻なものとなってしまいました。

当初ニュースで話題になった時も中国とかそっちの方だったので、なんか遠い国の話で日本の地元大丈夫かな~くらいの気持ちだったのですが、いきなりヨーロッパに飛んでくるとは思ってなかったですね。

現状オーストリア各地の街の様子もコロナスタイルとなっており、いつもの観光地ムードはなくなっているのでウィーンの施設も例にかいつまんで紹介します。

スッカスカですね。
ちなみに「Hamsterkauf」なんてドイツ語があることを知りました。意味は「買いだめ」です。

使うかもしれないドイツ語

der/ein Hamsterkauf{ハムスターカウフ}(買いだめ)
das/ein Coronavirus{コロナヴィルス}(コロナウイルス)
die/eine Infektion{インフェクツィオン}(感染)
die/eine Impfung{インプフング}(予防接種)
anstecken{アンシュテッケン}(伝染する、させる)
das/ein Fieber{フィーバー}(熱)
der/ein Husten{フステン}(咳)
die/eine Prävention{プレヴェンツィオン}(予防)
gurgeln{グーゲルン}(うがいをする)
Hände waschen{ヘンデ ヴァッシェン}(手洗い)

主な様子の違い

都市間の電車等のÖBBや市内交通機関(ウィーンであればWiener Linien)の時刻表も調整が入っているようで、止まることは今の時点ではないものの平日も週末・休日の時間間隔になる、週末の夜間は走らない等の状態になってきています。

国際線の飛行機も本数が減っており、特にイタリアとの入出国はほぼ閉鎖されています。

スーパーやドラッグストア、パン屋、肉屋、タバコ屋、ガソリンスタンド等は一応通常通りの営業時間で空いていますが、お店によっては短くなっているところもあるかもしれません。

→スーパーの営業時間にも制限ができ、基本的に平日は19時・土曜日は18時までとなりました。(駅や空港のお店は現時点で制限対象外)

→Hoferは2020年3月30日から平日も18時までとなるみたいです。

ショッピングセンターは一時的に閉鎖していたり、一部店舗のみが開店している等の状態です。

美術館・博物館等の施設は一時的に閉鎖しているようです。

イベントの開催にも制限が出来ており、今の段階では500人以上の参加者がいる屋外イベント・100人以上の参加者がいる屋内イベントはキャンセルされ、4月の初めまでは開催されない様です。
ただ、これは一時的なもので人数に関わらず今後はイベントの開催自体に制限があるようなのでかなり残念ですね。
当サイトの公開予定だったイベント記事ネタも多数お蔵入りに…。

直近ではイースターマーケットが3月~4月の国内各地ビッグイベントでしたが、多くがキャンセルの可能性が高いです。
HP上では(まだ)開催告知があっても実際にはキャンセル・延期する可能性の方が大なので注意。

去年紹介した屋台食べ比べの「EUROPEAN STREET FOOD FESTIVAL」も今の時点で最初の開催地であるウィーンでの開催が3月28日~29日から5月30日~31日に延期が決定しています。

およそのまとめとしては、日常生活に必要なお店やサービスは時間短縮されるところはあっても休みになることは無いものの、娯楽・イベント関係はほぼ閉鎖、という状態。

政府が出した方針にもありましたが、「余計な外出は控える」という点に尽きる様です。

3月18日にはEU全体で域外からの入域を30日間原則禁止としたこともあり、この時期にこれからこちらに観光に来る方はまずいないと思いますが、タイミングや事情によってはオーストリアに行かなきゃならない、来てしまったという方もいるかもしれません。
今は一部の国からの入国者に対し14日間の待機が実施されていますが、今後もっと厳しくならないとも限りませんので注意しておく必要がありそうです。

もともとオーストリアに在住している我々としては為替相場もチェックしておきたい所。
先日株価の急落もありましたが、コロナウイルスの影響はユーロのレートにも現れています。
仕送り等日々の生活で日本とお金のやり取りをする方はFX等興味がなくても、今時期だけでもユーロ/円の上がり下がりをチラ見しておくと、無駄に高いレートでの送金をある程度避ける事は出来ますので是非見てみてください。(予備知識無くても折れ線見てるだけでだいぶ違います)

あと、政府のHP、在オーストリア日本大使館・在京オーストリア大使館のHPは共に見ておく必要がありますね。

日本・オーストリアそれぞれで入国に対し待期期間・健康診断書・移動手段などの制限を新たに掲載しています。

他の記事でも何度か紹介していますが、海外生活での病気は想像以上に精神的辛さがあります
留学や単身赴任等おそらくすぐ側に家族がいない状況の方が多いと思うのですが、一人暮らしで自分の看病するというのはただの風邪でもなかなかキツいですし、インフルエンザや今回のコロナウイルスだと人にも会えないためもっとツラいです。
なので日頃の予防には十分力を入れておきたいですね。

また、政府からは「他人と1メートル以上離れること」も発表されていますが、どうなんでしょうね…もちろん気を付けるものの相手がそれとなく近づいてきたらこっちが後ずさりみたいな。間合いを図る中距離タイプみたいなキャラになってしまいます。

しかしご存知の通りコロナウイルスは空気感染ではなく飛沫・接触感染なので「死んでもかからん!」くらいの覚悟で、結局手洗いうがいをこまめにするのが一番かなと。

とはいえ今は一旦4月初めまでの対策が主な様ですが、すぐには収束しないようですし今後夏とかもどうなるんでしょうね。

オーストリアでのコロナウイルスと気を付けたいことについてはこちらの記事でも紹介しています。

役に立った!
この記事は役に立ちましたか?
読み込み中...
関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね