TOP
情報
食事
レストラン
カフェ
ウィーン
どこで何食べるかの嬉しい悩み!「Wiener Gastro-Gutscheine」
公開日: 情報, 食事, レストラン, カフェ, ウィーン どこで何食べるかの嬉しい悩み!「Wiener Gastro-Gutscheine」

ついに噂の「Wiener Gastro-Gutscheine」は始まりましたね。
6月22日に送付開始され、続々とウィーン市民に到着するや否や強襲される郵便受けが続出するという意外なスタートを切った市のキャンペーンですが、今回はこのバウチャーについてご紹介します。

そもそもこれなに?

コロナウイルスの影響で致命的ダメージを受けたウィーンの外食業界を援助するためのキャンペーンによるものです。
市内の約950,000世帯(2020年5月12日時点での居住者が対象)に1人世帯には25ユーロ、複数の人の世帯には50ユーロのバウチャー(=お食事クーポン)が配布されました。
市がバウチャーの費用を出しているので、これをたくさんの人が使ってくれれば飲食店に売り上げが立ち活気が戻る!という作戦ですね。

我々日本人からすると日本での1人10万円給付が頭によぎりますが、厳密にはこのバウチャーは利用する消費者ではなく外食業界が援助のターゲットなので、少し趣向が異なります。(とは言え「日本に居れば10万か…」とは思ってしまいますが…)

どこで使えるの?

https://wienergastrogutschein.at/

上記サイトで適当に住所入れるか現在地ボタンで周辺の対象店舗を検索できます。
中心部など見てみると分かりますがAIDA・マック・Cafe Landtmann・SUBWAY・Akakiko・Nordsee等々知名度の高いお店も対象でカフェ・レストラン・カテゴリ問わず色々あるので使いたいお店が無い、と言うことは無いかと。
また、見逃しやすいですがホテルにあるレストランなんかもリストにあれば対象です。

どうやって使うの?

バウチャー持っていってお店に会計時渡すだけです。
ただし、使用に関してはいくつか知っておいた方が良いこともあります。

  • 料理・ノンアルコール飲料にのみ利用できる。
    つまりお酒の会計は対象外ですね。もちろん対象店舗でさえあれば、バーやワインのお店でもアルコール以外に使うことはできます。
  • 1会計1バウチャーのみ利用できる。
    一度の食事で複数枚バウチャーを使いたい場合、会計を分ける必要があります。
  • 会計内の料理の内容は何人分でも利用できる。
    奢るのは問題ないという事です。
  • チップの金額は対象外。
    チップは店員さんに渡しましょう。
  • お釣りは無し。
    例えば50ユーロのバウチャーで40ユーロの会計をしても、10ユーロが現金で戻ってきたりその分のバウチャーが手に入ったりはしないです。(つまりバウチャー金額以上の注文をしないとなんですよね)
  • 対象店舗でさえあれば、宅配注文にも利用できる。

要は一回ポッキリの使い捨てクーポンです。

1人世帯だと25ユーロなのでワンランク上のディナーに充てるのもアリですが、逆に自分の持ち出しも追加して普段絶対注文しないような超リッチな一食に行くのもイイですよね。
複数人世帯だと50ユーロですが夫婦2人でも6人大家族でも50ユーロな訳で、ぶっちゃけそこの設定ざっくりすぎるのでは?と思ったのは私だけでは無いはず…。 😯

郵便受けからバウチャー盗まれちゃった!どうしよう?

とりあえず警察に連絡しましょう。(普通に盗難案件です)
このバウチャーは世帯住所情報と番号が紐づいているようで、通報があった住所に紐づく番号のバウチャーは凍結(=使えなくなる)され、代わりのものが新しく届くらしいのでその点だけは安心。

ネットで転売!?

金券に近いのでオークションサイト等でチョイ安(50ユーロバウチャーが45ユーロみたいな)で売ってる様ですが、上記の通り未使用でも凍結されている可能性は0ではないため(もちろん善意で凍結されていないものもあるかと思いますが…)あまり手を出さない方が無難な様です。

いつまで使えるの?

2020年9月30日まで有効です。
なので今慌てて使う必要はなく、これから始まる夏休みのために取っておくのは全然アリだと思います。
ただ、コロナの方も今後第2波が来るかもと言われている状況なので、またレストラン全部閉まっちゃったらどうなるんだろう…というのはありますが…。(もしホントにそういう状況になれば、バウチャーの期限も延長ですかね)

私の場合はとりあえず持病のモッタイナイ病により「絶好の機会が来るまでとっておこう 😳 」と放置しておいて、そのまま忘れて期限切れのパターンになるかと思われます。
いつものお店でいつもより豪華な食事でも良し、普段は行かない高級レストランに行っても良し、新たな行きつけカフェ開拓をしても良しなので、ウィーン在住でこのバウチャー受け取った方は是非有効活用してお食事を楽しんでください。

役に立った!
この記事は役に立ちましたか?
読み込み中...
関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね