2018.12.06
これ乗りたい!
Manner公式サイト
予約はできないみたいですが乗車は無料です。
2018.11.29
クリスマスマーケットは今度寄ろうと思ってるうちに終わってしまう…
2018.11.15
来週寒そう。ウィーンも雪の準備しといたほうが良いかも。
2018.11.05
今大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/8720994dd51cacfa9ea595d6a901cef
TOP
情報w
ウィーンw
ドイツ語w
長期滞在w
自分に合うのは?オーストリアの語学学校や個人レッスンについて
2018.9.5 情報, ウィーン, ドイツ語, 長期滞在 自分に合うのは?オーストリアの語学学校や個人レッスンについて

海外生活で最初からずっと付いて回る最大の課題、語学勉強
オーストリアの公用語は独特な訛りの入ったドイツ語ですが、これがいささか曲者で日本のテキスト等で学べるドイツ語だけでは内容が理解できない場面がしばしばあります。
標準日本語を勉強しても地方訛りの日本語は難しいのと同じ感覚ですね。
しかし色々な国から来た人々が多く住むこのオーストリアには多くのドイツ語の語学学校があり、ネイティブなオーストリアドイツ語を学ぶことができるようになっています。

特にウィーンにはけっこう多くの語学学校がありますので一部紹介します。

DeutschAkademie
https://www.deutschakademie.com/

ウィーンの他ドイツ方面やブラチスラヴァと各都市にある大手。
サイトが日本語まであるのが親切ですね。
寮やホームステイでの宿泊付きコースもあり、個人レッスンも受け付けているため非常に幅広いです。もちろん課外プログラムもあります。

iki
http://www.ikivienna.at/

大手。寮もあります。
もちろんアクティビティや18:00以降の夜間コースもありかなり評価が高い所です。

Alpha
https://www.alpha.at/

同じく大手。個人レッスンや18:00以降の夜間コースもあります。

ActiLingua
https://www.actilingua.com/

通常のコースの他、夏季期間は16歳~19歳、12歳~17歳向けのコースもあるのが特徴で友達作りにも良いかもしれません。

BERLITZ
https://www.berlitz.at/

ドイツ語の他英語や諸々のヨーロッパ言語も教えています。
個人レッスンもありますが、特に年齢別子供向けコース、各種イベントやキャンプもあるため同じく友達作りにおススメかと。

Sprachenzentrum der Universität Wien
https://sprachenzentrum.univie.ac.at/

ウィーン大学の語学センター。
大学のだけあってドイツ語以外にすさまじい数の外国語も学べます。
夏季コースや2月限定コースなどもあり、さらには大学準備コースまであります。

D!ALOG
https://www.dialog-wien.at/

ドイツ語の他英語、スペイン語も受けられます。
最大9人までの小規模クラス制なので比較的行きやすそう。18:30からの夕方コースもあります。

その他「Deutschschule Wien」「Deutschkurs Salzburg」等で検索するとたくさん出て来ます。

規模は本当に色々で、生徒のドイツ語レベルに合わせて多数のクラスがある学校から、時間帯で分かれている数クラス程度の学校まで様々です。
私自信はあまり積極的な人間ではないので行くことはありませんでしたが、語学学校の良い所の一つとして通常の授業の他生徒同士での交流やイベントを行っているという点があり、そういった所からドイツ語に慣れていく、というのも一つの方法かと思います。友達もできて一石二鳥ですし。

また、きちんとした語学学校の場合ÖSDというドイツ語検定(日本でも受験可能)を受験ける事を基準にテキストやレッスンが準備されているため、自身のドイツ語がどのくらいかを客観的に評価しやすいのがメリットです。
このÖSDのレベルはオーストリア政府公認ということもあり滞在許可の申請や各大学・学校の入学条件、企業の入社条件等の基準にも使用されますので非常に重要だったりします。

どこの学校が良いの?

ぶっちゃけ何とも言えないです。同じ語学学校でも講師によってかなり良かった・悪かったという評価が分かれるのを聞きますし、たまたま同じグループになった人達と話しやすいかどうかというのもなんだかんだで重要です。
確実なのは直接見に行ってみることで、どこも親切に案内してくれます。

プライベートレッスンという選択肢

個人レッスン・マンツーマンレッスンと呼び方は様々ですが、オーストリアでもプライベートレッスン(Privatunterricht)を探すことが可能です。
同じ時間単位で考えると語学学校の通常コースの方が基本安上がりなのですが、もちろんこちらの方が質問がしやすいことや個人に合った進み方ができるのは容易に想像できるかと思います。
また競争が激しい世界なのか、探せば安いレッスン料の講師も生徒募集しています。

プライベートレッスンの良い所の一つが、会話の中での間違っているドイツ語をきちんと指摘してくれることです。
これはとても重要な事で、間違っている細かなドイツ語表現・文法を指摘してくれる人というのはなかなかいません。友達との会話であっても意味が通じれば、相手も「言い間違えたのかな?」と思ってわざわざ指摘する事はあまりないですし、それほど親しくないなら尚更です。

上記語学学校でも個人レッスンコースを設けているところもありますし、プライベートでの講師を探す場合「privatunterricht deutsch wien」「nachhilfe deutsch salzburg」のような具合で検索すると良いです。

参考までに

https://www.betreut.at/nachhilfe-wien
https://www.sprachlehrer-aktiv.at/
https://nachhilfen24.at/de/nachhilfe/w/wien
https://www.meetnlearn.at/nachhilfe-suche?q=deutsch

上記のようなサイトで見つけることもできますが、できることなら語学学校の個人レッスンコースか知り合いからの紹介がベストです。
また、「個人に合った進み方ができる」というのは裏を返せば思ったように進まない可能性もあります。
分からない部分を時間をかけて教えてくれるならとても良いレッスンだと思いますが、ある程度全体的な予定(2か月後くらいにÖSDのB1受けよう!みたいな)を示してくれる事も大事だと思います。

語学学校とプライベート、どちらが良い?

人それぞれの勉強法に関わる部分だと思いますが、個人的には語学学校に行くよりもプライベートレッスンの方がおすすめ、というか自分には合っていました。
なぜかというと語学学校であれプライベートレッスンであれ、せっかくお金をかけて受けるレッスンで重視すべきは「会話」することです。
これはドイツ語に限った話ではないですが、相手のドイツ語を耳で聞いてすぐに自分の言葉で返事をする、というのは文法や単語を十分に知っていても簡単な事ではありません。 😥

「相手のドイツ語」→「日本語に訳して理解」→「返事を日本語で考える」→「ドイツ語に変換して答える」
から、
「相手のドイツ語」→「ドイツ語で答える」
にショートカットする、いわゆる「体で覚える」訓練が必要不可欠です。
やたらと細かい決まりのある言語な上になんかもごもごしてる独特な表現も多くあるオーストリアドイツ語ですからよく使う文法を体で覚えるのも一苦労なわけで、同じ時間単位であれば少しでも自分が話せる時間の多いプライベートレッスンをおすすめします。

そのため基本的な文法やある程度の基礎単語は普通に日本のテキストで学んだ方が効率が良いです。
というかレッスンではドイツ語の説明を基本的に「英語」か「ドイツ語」「(希望があれば)他のヨーロッパ言語」でしかしてくれないため(日本語を話せる講師も0ではないと思いますが)よほど英語に慣れているか、勘の良い人でないと授業を聞いているだけでドイツ語の理解を深めるのは非常に難しいなぁというのが私の感想です。

私の場合オーストリアに初めて来た時には「Ich heiße ~!」くらいしか言えない勇ましい状態で来たのですが、日本で買った文法の練習問題多めのテキストと基本単語集をひたすら反復し、週に1~2回個人レッスンを受けて大体1ヶ月半くらいで日常生活やお役所の手続きとかの会話には困らなくなる程度になりました。

正直来る前にも勉強期間はあったのですが、全て休憩時間になってしまうのはよくあることですね。夜中にやっていたNHKのドイツ語講座だけは話が面白くて見ていましたが。
英語に多少覚えがあったのが災いして「ドイツ語も似たようなもんだろ!」と高を括ってこちらに来たものの、あまりの分からなさに「ヤバいだろコレェ…! 🙄 」と恐怖したのを覚えています。

レッスンでは前半文法の説明で後半会話というスタイルでしたが、前半の文法説明は日本のテキストで学んだことをドイツ語で聞いて復習するような感じで個人的には丁度良い具合でした。

これは人に聞いた話で確かに!と思ったんですが、夢の内容までドイツ語になると慣れた証拠です。
私も来た当時周りにほぼ日本人がいない状況でしたが、日本語をシャットダウンして生活していると必ずそうなります… 😕 (マジです)

滞在許可について!

語学学校に入ることで学生用の滞在許可が下りるのかというと、まず下りないと思って良いです。
新規の申請の場合、そもそも滞在許可の申請自体にある程度のドイツ語能力の評価を示す必要があります。(大学で言語学を学ぶ等の場合は許可は下りると思いますが)

オーストリア生活においてドイツ語が話せるようになれば、本が読めたり映画を見れたり楽しいことがたくさん増えるので、留学やお仕事などで来ている方・これから来られる方も是非自分に合った方法で颯爽とドイツ語マスターしちゃってください。

関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね