TOP
情報
ウィーン
ザルツブルグ
旅行
長期滞在
日本人ならやっぱり温泉が恋しい!温泉の観光地「Baden」
公開日:2019.12.12 更新日: 情報, ウィーン, ザルツブルグ, 旅行, 長期滞在 日本人ならやっぱり温泉が恋しい!温泉の観光地「Baden」

今回はこの寒い冬の季節、「そういえばこっちに来てからシャワーばっかりで湯舟に使ってないな~ 😕 」と気付いてしまった方に知っておいてほしい保養地の紹介です。

…温泉があるの?

そうなんです、「Therme」と言います。あとはThermalbadとか。

ただ、まず先に知っておきたいのが、「温泉」と言っても我々日本人の思うお風呂・銭湯の類とはかなり違うという事です。
「ひとっ風呂浴びて温まってさっぱりしてくっかぁ~!! 😀 」みたいなものではなく、いわゆるスパとか温水プールが近いかと思います。
なのでプールに限っては要水着着用ですし(※)、シャンプー持って行って頭や体を洗う訳ではないのです。(そういうスペースがある施設もあるかもですが)

※サウナを除く(下記参照)

なぜバーデン?

実はバーデンまで行かなくともウィーン市内にもこういう施設はあるのですが、昔からこの地は天然温泉が有名らしいです。というかもう地名が「お風呂(Baden)」ですからね。例によってベートーベンも来ていたとか。

そのためこのバーデン自体そこまで大きな町ではないのですが、いくつか温泉施設があったりします。
ホテルと一緒になっているところもあるので観光地としても人気があるようです。
一番知名度が高いのが「Römertherme」で初温泉ということであればここがおすすめかと思います。

https://www.roemertherme.at/

どうやって行くの?

いくつか交通手段があり観光目的であれば出発地点によって選べるのですが、温泉だけの目的の場合「Josefsplatz」で乗り降りできる交通手段を選んだ方が良いです。

おそらく需要があるであろうウィーンからで、手っ取り早いのはウィーン市内「Oper」からローカルバスに乗るか、同じく「Oper」からローカル電車に乗るかがぶっちゃけ楽です。
ローカル電車の方が「Wien Oper」と「Baden Josefsplatz」がそれぞれ終点ですし、途中「Karlsplatz」「Meidling」も通過するので便利。(もちろん土日も走っています)

ちなみに「Meidling」を通過するのがミソで、ザルツブルグやグラーツ等他都市からでもそこからこのローカル線に乗り継げば「Josefsplatz」に行けるわけですね。

WIENER LOKALBAHNENのサイト

温泉最寄りの「Josefsplatz」はバーデンの主要駅「Baden b.Wien Bahnhof」からもバス停2つ分程度の距離の差ですが、せっかくリラックスできた帰り道歩いたり乗り継いだりしたくないと思うので。(特にこの寒い季節は)

温泉プールはおしゃれなとこが多い!

かなり広いとこが多い上に、プールサイドには休めるチェアーがあったり、カフェが併設していてお茶を楽しんだりしながらリラックスできるようになっています。(個人的には水着でプールに入らず何かするというのが落ち着かないのですが…)

Römerthermeもそうですが、外も見えるプールや室外プールは特に夜のライトアップがきれいで人も少ないのでおすすめ。
とはいえナイトプールほどの大人な雰囲気のものでもないので行きにくいという事はまずないです。

ちなみにちょっと泳いでみる、くらいのことはみんなやっていますがバッシャバッシャ水しぶき上げながら泳いでいる人はいなかったですね。
その辺の感覚はやっぱりあくまで温泉なんだと思います。

更衣室・サウナは男女共用

老若男女問わず共用なんです…。驚きですね。
また、これも要注意なのですがサウナに至っては水着着用不可
つまりサウナには素っ裸で混浴しなければならないんです。 😯
我々の感覚からすると、「う~ん、国が違うから?」の一言で片づけられる域を超えているように思いますが、オーストリアに限らずこちらの方ではこれが普通らしいです…。
なのでこの辺が気になる方は覚悟(?)が必要かと思います。

美容・健康の施設

フィットネスセンターやマッサージ、ついでにレストランなどもあるので気になる方はパッケージ料金もチラ見してみると良いかと。
参考までにRömerthermeの場合、サウナやソラリウム、レストランもセットで約49ユーロから1日チケットがあります。
ちなみに平日温泉オンリー3時間で14,90ユーロ、1日で18,70ユーロですが18時からは9,60ユーロな上、人も少ない、景色がきれいなのでやっぱりおすすめ。

寒い日に行ってみようかな…?

私自身この寒い冬や暑い夏に行った事はないのですが、正直夏はともかく冬はちょっとかなり厳しいと思います。
すんごい近くに住んでる方なら別かもしれませんが、ウィーンからは片道1時間前後かかるので家に着く頃にはどのみち体が冷え冷えです。 😐
というかそもそも温泉のお湯も日本の様にそこまでアッツアツではないので温まるというよりほんとにリラックスがメインという感じなんですよね。

それでも日頃の疲れを癒せるのは間違いないので気になる方は是非一度行ってみてください。

※ちなみにBaden・ウィーン市内のThermeも施設によっては混浴の他男女それぞれ専用の時間を設けたりしている所もありますので、行ってみたいけどその辺が気になるという方はチェックしてみると良いかもです。

役に立った!
この記事は役に立ちましたか?
読み込み中...
関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね