TOP
情報
食事
ウィーン
長期滞在
ウィーンのお寝坊さんご用達!朝パン配達の「Hausbrot.at」
公開日: 情報, 食事, ウィーン, 長期滞在 ウィーンのお寝坊さんご用達!朝パン配達の「Hausbrot.at」

オーストリアに限らずドイツやフランス等もそうだろうと思いますが、こちらのパン屋さんで買う焼き立てパンというのは本当に香ばしく美味しいもので、「白いごはんがいちばん! 😳 」という我々日本人の遺伝子に組み込まれた信念すら打ち崩されそうになるほどです。
本当に美味しい白米にはおかずなんていらない様に、本当に美味しいパンもモシャモシャそれだけで食べてて飽きないんですよね。

そんな新鮮なパンを毎朝でも食べたい!…けど買いに行くのはメンドいよね! 😉 という方へ、家までパンを持ってきてくれるサービスがあるので紹介します。

Hausbrot.at

https://hausbrot.at/

一言で言えば、予約すれば次の日の朝焼き立てパンを家まで配達してくれますよ、というもの。
ヤクルトや新聞配達のパンバージョンのサービスです。

「家まで」というのがミソで、対面渡しの他、予約した住所の家のドアの前に置いといてもらうことも可能。
人に会うことなくパンをゲットできるので早起きしている必要もパジャマから着替える必要もないわけですね。

土曜日の朝は家で映画でも見ながらゆっくりしたい、今度の祝日はずっと引きこもってゲームする、というようなシチュエーションにもってこいなのは想像に難くありません。

美味しいパンなの?

焼くのは専門のパン屋さんで、Bäckereien Felber,、Joseph Brot、Geier等ウィーンの人気ブランドです。(オーストリアのパン屋投票についてはこちら
もちろんその日の朝(夜中?)焼いたやつです。
サイドメニューとして、コーヒー・シリアル・紅茶・チーズやサラダ、ハム、ジャム、蜂蜜などなど朝ごはんジャンルのものは色々注文出来るため、冷蔵庫が空っぽでも問題無く引きこもっていられます。

食べたい!どうすれば良いの?

最初に会員登録が必要です。
初回アカウントを作成する必要があり、自分の(届けて欲しい)住所等を入力します。
そして登録後、実際に配達可能なエリアかどうかの結果が通知されます

どうやって予約するの?

WEB・メール・電話好きな方法で前日15時までに注文か、「Bis 20:00 bestellbar」カテゴリなら20時までに注文です。
週末+翌週月曜の分も金曜日までに注文しておく必要があります。

手間を考えるとぶっちゃけWEB一択だと思いますが

また、期間でも注文出来ます。今週毎日とか、毎週土曜日だけとか、日によって注文するものも予め設定できるので便利。

支払い方法は?

基本はクレジットカードになります。(VISAかMastercard)
こちらの記事でも触れた「SEPA」や、「PCI DSS」という選択肢もあります。

配送料は?

  • 10ユーロ未満までは一回2,99ユーロ
  • 10ユーロ以上20ユーロ未満までは0,99ユーロ
  • 20ユーロ以上は無料

個人的にはここが迷ってしまうとこですね。
3ユーロあったらそれこそパンの2つ3つ4つ買えちゃうわけで、配送料が安い10ユーロ以上というのも一人暮らしだとなかなか無いかなと思います。
ここでもったいないを取るか、めんどくさいを取るかで意見が分かれると思います。

友達と~とか家族分注文するとなったら全然アリなんですけどね。

何時に届くの?

ドア置きの場合は平日は朝6:30まで、週末・祝日は7:30までに、手渡しの場合は8:30~11:30の間に届きます。(手渡しは日祝休み
ちなみにオフィスにも届けてくれるみたいですね。

おススメはパッケージ注文!

パン単品よりもお得なものが多いです。
Kleines Frühstück」というのが2ユーロでパン3つ入ってるので最初試してみるのにおススメ。
2人分・3人分のものもあり、男性ならちょっとプラス単品とかしたほうが良いかも。
「Jausenpakete」というハムサンド系もあるのですが、果物や飲み物が付くだけであまりお得ではないかも。
なお、Bioやヴィーガンの方向け、グルテンフリーの商品も多々あるので選択肢が無くて困ることは無いかと思います。

配送料こそかかるものの、家から一歩も出ることなく、そして誰とも会うことなく朝ご飯を調達できるのはかなり便利なので、我こそはというお寝坊さんは是非活用してみてください。

役に立った!
この記事は役に立ちましたか?
読み込み中...
関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね