2018.12.06
これ乗りたい!
Manner公式サイト
予約はできないみたいですが乗車は無料です。
2018.11.29
クリスマスマーケットは今度寄ろうと思ってるうちに終わってしまう…
2018.11.15
来週寒そう。ウィーンも雪の準備しといたほうが良いかも。
2018.11.05
今大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/8720994dd51cacfa9ea595d6a901cef
TOP
食事w
ドイツ語w
旅行w
長期滞在w
ケバプ!?ケバブ!!オーストリアでの種類と注文の仕方
2018.2.26 食事, ドイツ語, 旅行, 長期滞在 ケバプ!?ケバブ!!オーストリアでの種類と注文の仕方

オーストリアにきて良かったなと思えることの一つにこのケバブがあります。
日本にも屋台があるようですが私の地元では食べたことも見たこともなかったので、初めて知ったときは衝撃でした。
見た目がすでに美味しさを確信させてしまっていますし、あのぐるぐる回ってる肉の塊はなんだ?まさかあれが食えるのか?と。

みんな大好きケバブですが、売られている種類もいくつかあり、注文時にドイツ語で聞かれることもあるので紹介します。

ちなみに大体一つ3ユーロちょっとで買えます
探せば2ユーロ台のお店もゴロゴロあるので練り歩いてみるのも一興です。

ドネルケバブ

Döner Kebab
オーストリアで売られている一番一般的なタイプで、ケバブと言えば通常これを指します。

「Kebap」なのか「Kebab」なのかよく分からない上に、「Döner」ってウムラウトついてるくせにトルコ語なんですね。
ドイツ語だと思って普通にドヤ顔で「どぇーなー 😎 」って呼んでましたが発音はそんな感じでいいようです。

お店によって違いがありますが、よくあるのは1/4カットされた外はカリカリ・中はふわふわのピタパンに具がぎっしり挟まれているタイプです。
口の周りがソースまみれになりやすいのでティッシュ必須。

ドゥルムケバブ

Dürüm Kebab
このタイプもほとんどのお店で売っています。

ケンタッキーのツイスターの具がケバブになった感じですが、この皮が好きで私はこっちを頼むことが多いです。
食べやすく口の周りが汚れることは無いですが、食べ始めて3分後くらいに下からソースが滴り始め、新しく買った白いスニーカーが赤く染まってしまったのはいい思い出。

ファラフェル

Falafel (Ball)
ケバブのお店にはこれもほぼ必ず売っています。
見た目はボール状のコロッケですが中身はジャガイモや肉が入っているわけではなく、です。
要はひよこ豆・そら豆と香辛料を加えて練ったものを揚げている料理です。
ヨーグルトソースとか付いてきたりします。

そのためどちらかというとベジタリアンの方に人気なようです。
別に美味しくないわけではないですが、目の前にケバブという選択肢がありながらこちらを注文する人はなかなかいないと思います。

ケバブの注文の仕方

そんな大したことは無いのですが、初見だとよく分からなかったりするので。

まず、注文する時は「Kebab」を省略するとちょっと慣れてる感じがします。

Einmal Döner Bitte.
アインマル ドェーナー ビッテ
「ドネルケバブ一つ下さい。」

Zweimal Dürüm Bitte.
ツヴァイマル ドゥルム ビッテ
「ドゥルムケバブ2つ下さい。」

そしたら作ってくれますが、聞かれることがいくつかあります。

Getränk?
ゲトレンク?
「飲み物は?」
いらない場合は「Nein Danke.(ナイン ダンケ)」と返しましょう。
ぶっちゃけその辺のスーパーで買ったほうが安いです。

Mit alles?
ミット アレス?
「全部?」
これ、初見だと何のことかさっぱりなのですが「全部(乗っける?)」と聞いています。
カウンターに乗っけられる食材が並んでいるので、それを見て
例えばトマトが苦手なら「Ohne Tomaten.(オーネ トマーテン)」、辛いのが苦手なら「Ohne scharf.(オーネ シャーフ)」と返しましょう。
全部乗っけるなら「Ja!(ヤー!)」の一言で十分です。

Sackel?
サッカル?
「袋?」
これは「袋(に入れる?)」と聞いています。
同じく「Ja!(ヤー!)」「Nein Danke.(ナイン ダンケ)」で答えましょう。

こういうImbissに限ったことではないのですが、ドイツ語では単語だけでポンと聞かれて何を聞かれたのか分からないことがたまにありますが、そういう時はすかさず「Bitte?(ビッテ?)」と聞き返しましょう。
大抵は丁寧に言い直してもう一度聞いてくれます。

トルコ料理なのでオーストリアでしか食べられないわけではないですが、旅行で来た方にも是非食べてもらいたい一品です。

関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね