TOP
情報
食事
カフェ
ウィーン
オープンサンドみたいな中華饅頭がウマい!「BAO BAR」(ウィーン市内)
公開日:2020.3.5 更新日: 情報, 食事, カフェ, ウィーン オープンサンドみたいな中華饅頭がウマい!「BAO BAR」(ウィーン市内)

日本ではコンビニでもスーパーでもどこでも普通に売っている肉まん・あんまん等の中華饅頭。
やっぱりヨーロッパ方面ではなかなか出会えるものでは無いので、たまに無性に食べたくなります。
今回はそんな欲望を期待値以上に満たしてくれるお店をご紹介。

BAO BAR

https://www.baobar.at/

BAO BAR 1020

Austria CampusJakov-Lind-Strasse 2, A-1020 Wien

営業時間
月~金 11:30~20:00(予約は不可)
土日祝 休み

BAO BAR 1070

MariahilferstrasseZollergasse 2, A-1070 Wien

営業時間
月~土 12:00~20:00(予約は不可)
日祝 休み

メインは中華饅頭サンド「Bao」。
割と表通りに面していて日本語も出ているので知っている人も多いかも。
上記のサイト見てもらえればすぐ分かりますが、ふわふわの皮でやみつきポークやクリスピーチキンを挟んで食べる、マズい要素が1mmも見当たらないやつですね。
海外からするとこれ系はアジアンスナックというカテゴリの食べ物らしいです。(まぁ確かに…)
もちろんお持ち帰りも可能。
ヴィーガンの方向けに「Fancy Tofu」なんてのもあります。

オーストリアではあまり見かけませんが、英語圏の国だと意外とこういうお店も多いみたいですね。雰囲気としてはディズニーランドにあるミッキーのグローブ型サンドとかが近いかも。

今は2店舗あり、通常行きやすいのは7区マリヒルの方でしょうか。
ただ、店舗によってちょっとだけメニューに違いはあるみたいです。(ちなみになぜ日本語がちりばめられているかは謎…)

サイドメニューも美味しいのが揃っており、大学いもとは一味違う、さつまいものフライドポテトも私は好きです。

あと両方の店舗にあるのか分かりませんが、何と言っても枝豆+ビールのコンボが好きな人にはたまりませんね。
しかもビールは「KIRIN」「SAPPORO」と日本ビールが選べるので、母国の泡が恋しくなった方にもおススメ。

腹ペコならboxか単品+サイドがおススメ

Baoは2コセットか3コセットからとなっているんですが、そんなに大きくないので女性でもペロ 😉 だと思います。
飲み物は別にいいやって方はbox頼むよりBao+サイドメニューの方がいっぱい食べれたり。(食いしん坊の発想)

あまり朝早く、夜遅くまでは開いていないお店なので気になる方はお昼めがけてお腹を空かせて行ってみてください。

役に立った!
この記事は役に立ちましたか?
読み込み中...
関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね