2019.12.03
今年12月15日から一部S-Bahnが週末・夜も運行するように!
www.wien.gv.at
2019.11.21
ドイツ語シュワちゃんとリンダ・ハミルトン。
www.youtube.com
2019.11.04
アドベントカレンダーをお土産に~等の予定の方はそろそろ買い時になってきます。(クリスマスのお土産についてはこちら
今年のクリスマスグッズはアナ雪2のパッケージ多いですね。
2019.10.18
いまさらながら検索窓つけました。
2019.10.09
プラーターのSchweizerhausの2019年営業日は10月31日まで。
2020年3月15日再開らしいです。ちなみに30・31日はイベントあるみたいですね。
2019.09.22
2019.09.22
爆発気味だった仕事が落ち着いてきたので記事の遅れをとりもどす!
2019.09.09
チロルで初雪。ってレベルじゃない雪の量。
tirol.orf.at
2019.09.02
WienのStrassenbahnでSimmeringとFavoritenを繋ぐ「Linie 11」が新しく開通したようです。
2019.08.26
また在オーストリア日本大使館で現地スタッフ募集してますね!
大使館HP。(令和1年9月13日締切の様)
2019.08.15
パンはオーストリア得意だけど菓子パンの豊富さは日本の方がはるかに多い。カレーパンとかないですし。
あと「食パン」へのこだわりも日本の方が凄味があります。
2019.07.28
ウィーンAlte Donauの花火大会は、来週8月3日に延期。
https://goesterreich.com/2242/
2019.07.11
ウィーン市庁舎のFILM FESTIVAL、明日12日の17:00からはディズニーのファンタジア。
https://filmfestival-rathausplatz.at/programm/film/fantasia-1/
2019.07.03
ウィーンFloridsdorfで電車の衝突事故。
https://www.youtube.com/watch?v=7kw_gLYfHYc
2019.06.30
普段あんまり買わないけどたまに食べたくなる味付きひき肉(manriniert)のご飯のっけ丼。
ケバプとかハンバーグの形に成形されてるので焼く前にほぐしてそぼろっぽく。
ビールに合います。
2019.06.19
Wiener Staatsoperの若手養成プログラム(29才以下)
https://www.wiener-staatsoper.at/studio/
登録は2019年9月30日まで。
2019.06.09
首相の他に大統領もいるのは知らなかった。
2019.05.28
5月24日にStammersdorfでインドコブラを見たって通報があったらしく、AKHも「血清あるぞ!」とか言ってたものの、昨日実はおもちゃのヘビでしたってことが分かったらしいですね。
2019.05.12
2019年5月11日のウィーンSimmering屋根部屋での火災の様子。
https://www.youtube.com/watch?v=FgZD3dnKWBA
2019.05.02
ちなみにオーストリアにも母の日・父の日はありますが、子供の日は日本だけ。
母の日は日本と同じく5月の第2日曜日なので2019年は5月12日です。
2019.04.21
ソーシャルに依存しない評価ボタンを追加してみました。
2019.04.11
4月11日~13日、15日~17日はBilla会員セールでちょっぴり安い。
billa.at
2019.04.01
今日から夏時間!
2019.03.18
今在オーストリア日本大使館で現地スタッフ募集してますね!
大使館HP。(平成31年4月3日締切の様)
2019.03.03
BILLAのレゴポイント付くのは2019年4月17日まで。(使用は28日まで)
別に要らないのに見てるとなんだか欲しくなってくる…
2019.02.17
今日からですね!直行便!
シュヴェヒャート空港の到着一覧
2019.02.12
SATURN明後日までセールだったんですね。プリンターが気になる…
saturn.at
2019.02.04
そういえば、今更ながら日本では滅多に見ないものの一つ「1+1」Gratis。
実際には50%引きなのに何だかお得感がスゴイ。
2019.01.25
Merkurの3分クッキングがコンパクトで見やすい!
fraenz.merkurmarkt.at
2019.01.13
毎年冬休みはやろうと思っていた事の半分もできずに終わる…
2019.01.01
明けましておめでとうございます。
2018.12.28
お餅が手に入ったらお好きなベーコンとチーズで磯辺焼きがおススメ。
海苔はBILLAとかでも手に入ります
2018.12.16
寒い中ピザをお持ち帰りして歩いて帰る時のワクワク感。
2018.12.06
これ乗りたい!
Manner公式サイト
予約はできないみたいですが乗車は無料です。
2018.11.29
クリスマスマーケットは今度寄ろうと思ってるうちに終わってしまう…
2018.11.15
来週寒そう。ウィーンも雪の準備しといたほうが良いかも。
2018.11.05
今大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/8720994dd51cacfa9ea595d6a901cef
TOP
長期滞在
小ネタ・雑記
本当に人生観変わる?オーストリアでの生活という選択支のいろいろ
公開日: 長期滞在, 小ネタ・雑記 本当に人生観変わる?オーストリアでの生活という選択支のいろいろ

「オーストリアで生活してみたい!…けどいざとなるとやっぱり不安だし大変そう…」
「子どもが留学したい!と言ってるけど一人で大丈夫か心配…」
「ネット上で海外から帰ってきた人の”マジで人生変わったわ…”みたいな意見よく見るけど実際どうなん?転生でもしたの?」
とかをたまに聞かれるので、海外生活ならではの心境や変化・生活費等も含めて紹介します。

一人で何とかしないといけない

もちろん一人で来た場合ですが。

初めての生活ではまずこの感覚が襲ってきます。
既に社会人の方や大学生の方で一人暮らしの経験をしていたとしても、周りにすぐ助けてくれる人がいない、というか日本人がいないという状況で自分で自分の面倒を見ていくことはなかなかのプレッシャーです。(自分はそうでした)

高校卒業後すぐに来たとかで一度も一人暮らしの経験が無ければ、飛行機に乗っている時に「あっ、やっぱり帰ろっかな… 😐 」と思うほど憂鬱なタイミングがあります。まだ着いてないのにホームシック。

今の時代海外から日本へ電話するのもとても簡単になりましたが、それでも周りの人がちょいと来れる距離にいない感覚は独特なものがある気がします。

とは言え大抵2・3か月もすれば慣れるんですけどね。
最初は気分を紛らわせるためにテレビをつけても笑い所がさっぱり分からないバラエティ番組や早口で何か言ってる吹き替えの映画で全然気が休まりませんがそれもその内慣れるはず。(オーストリアのテレビについてはこちら

実際ただ生活するだけなら大したことない

機会はあるけど海外なんて怖い! 😥 ともし踏みとどまっている方がいれば、それはもったいないと思うので是非伝えたいことです。

最初住む場所の契約とかありますが、それさえ確保してしまえば単に生活するというのは想像しているよりずっと簡単。
ぶっちゃけスーパーで買い物さえできればドイツ語もほとんどいりません。最悪「Danke」「Wiedersehen」だけ知っていれば何とでもなります。

語学留学は大変?

もちろん言葉を勉強する事は簡単ではないですしすごく時間のかかるものなので大変ですが、例えば3か月~半年くらいの語学留学自体も慣れてしまえばそれほど難しいことではありません。
上記の家とスーパーの行き来の他、日中は勉強してたまに美術館やシェーンブルンに足を運んでみたり…というのが増えるだけです。

生活費はどれくらい?

家賃(賃貸アパートの)

もちろんかなりピンキリですが、ウィーンで一人暮らしでも300ユーロより安い所はほぼないと思います。中心部は別ですが大体500ユーロ前後でいいお部屋の割合多くなるかなぐらいですかね。家族用だと1,000ユーロあれば広いとこたくさんあります。

食費

これも人によってな部分ですが、個人的に100ユーロ以下は相当ハードル高いと思います。
でもまぁ一人なら150~300ユーロくらいです。肉・野菜・果物等は日本よりそれなりに安く、魚はめちゃ高で、パン・お米はかなり安いです。日本はお米安いイメージかと思いますが、同じ単位だとこっちのお米の方が安い事も。(高いのはやはりめちゃ高ですが)

あとやっぱりチーズとお酒ですね。 😳
ブルーチーズとかワインとか日本よりお手頃です。モッツァレラもむしゃむしゃかぶりついて大丈夫です。
私はパスタ好きなのでこの点は来てよかったなと思います。

なんとなくどんな物価か知りたい方はBILLAやBIPAのサイトでチラ見してみると良いかも。

外食費

日本より若干高い…10ユーロではかなりお店限定されます。
特にファストフードとお料理の間の、日本の牛丼・ラーメンみたいなお手頃な価格帯の食べ物がそもそも少ないんですよね。

交通費

安いです

ほとんどどこの都市も市内乗り放題月額チケットみたいのがあり、例えばウィーンで1ヶ月定期で一番割高になるMonatskarteは現在51ユーロです。
学生用や年間チケットなら1月当たりもっと安くなります。

服代

これもピンキリですが割と安いと思います。

アルバイトはできる?

出来ますが労働許可が必要です。

いつでも誰でも取得出来るものではないため、バイトしながら大学に~、というのが思いのほか簡単では無いので注意が必要。

長期の留学やお仕事をするために

半年。

オーストリアでは半年という区切りを境に難易度がぐわっと上がります

何故か?「滞在許可」を取らなくちゃいけないからです。

すんごい一言で言うと書類を揃えたり書いたりして申請するだけなのですが、経験のある方はご存知のように予めどんなものが必要か知ってないと「書類を揃える」というのがとても大変です。6つのオーブ集めて来いとか言われた方がまだましなレベル

例えば保険証を添付しなきゃいけないという事はそもそもオーストリアで有効な保険に入っている必要があるので、WGKKとかにまず赴くことになります。(オーストリアの保険についてはこちら
あるいは口座にある程度まとまった生活資金があることを証明するために、十分にお金を預けた状態で口座の預金明細を取得する必要もあります。
「うん?アポスティーユってなに? 🙄 」とググる必要も出てきますね。

そんな諸々の証明をやっとこさ集め申請書類にサインし、お役所に行って数時間番号札を握りしめ「朝から人多すぎ…」と思いながら待ち続け、いざ自分の番だと担当の人に渡すと「…Inskriptionsbestätigungは?これじゃ当期の在学証明にならないわよ?」と突っ返されることもあるかもしれません。
それらをやり遂げついに手に入るぞ!という所で「あっこれ結構お高いんですね… 😐 」という思いをして「滞在許可」を取得する必要があるのです。なので最初これをゲットする前と後では何か色々精神的な図太さが付くかと思います。

ちなみに更新は初回より必要な書類も減りますし、どんなものが必要かも分かっているのでそれほど大変ではないです。

度胸がつく

言葉の壁も絡んできますが最初は何でも分からないことだらけで、「え?レセプションってここ?なんか何も書いてない荘厳なドアなんだけど…」とか「あれ?この人さっき言ってた金額分差し引いてないのでは?言った方が良いのかな?」とか日常の細かい所でちょっとした度胸を試される場面にちょくちょく遭遇します。

日本ならこちらも意見とニュアンスを伝えやすいですし、いろんな気配り・サービスが当たり前の状態なので、なんというかちょっとした所で「あれ?これでいいのかな?」みたいなことってあまり無いんですよね。
でもこちらではそういう部分がなんというか自己責任みたいな考えなので、自分の行動や発言をするぞみたいな度胸(自主性?)が身に付きます。(伝わらない…)

カロリーもつく

肉・チーズ等高カロリー食材が安くビールも水のよう!スナックも!
しかもこんにゃくやら魚やらヘルシーな方向の食材が無いか高い!という状況で何も気にせず暮らしていたら結構後から来ると思います来ています。

幸い市や国としても健康に取り組んでいて、ウィーンでは自転車簡単に借りれますしドナウ沿いに走る人も多いので不健康にならないよう気をつけたいですね。(詳しくはこちら

時間の流れがゆったりっていう意味が分かる

日本で朝から1日かけてカフェで新聞読む人なんて滅多にいないと思うんです。
でもこっちでは仕事や勉強の事は忘れて今はゆっくりしよう…という考え方が許される空気感があります。

流行に置いて行かれる

日本のですね。
たまに日本に帰った時の浦島太郎感は自分だけではないはず。

誘惑が少ない

満喫・ドンキ・コンビニ無いですし、マンガ・ゲームやTVも選択肢が限られているというかドイツ語です。
私自身20歳になる前にオーストリアに来ましたが、多分親御さんが心配な子供がだらける誘惑はむしろ少ないんじゃないかな~と思います。まぁ美術館やクラシックコンサートなどの知的な誘惑は多いかもしれませんが。

あとネット・スマホだけは健在ですね。

自分にとって「人生変わった」こと

インドにでも留学すれば全然違う話になる気がしますが、オーストリアに来て考え方が大きく変わったのは上記の「度胸がついた」ことです。
日本はすべき選択肢を周りが教えてくれたりこういう時は普通こう、みたいな親切があって、自分の事だけど自分が本気で考えなくても誰かが何とかしてくれる感があると個人的に感じています。(それは大人になるまでの人生でありがたいことなのですが)
ただ、本来当たり前の事なのかもしれませんが、自分の責任は自分でとる!(ドン!)という意識が私の場合日本を出てから学んだことで「人生変わった」ことですね。

役に立った!
この記事は役に立ちましたか?
読み込み中...
関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね