TOP
情報
ウィーン
ザルツブルグ
長期滞在
小ネタ・雑記
高い分のメリットある?オーストリアで一軒家の賃貸
公開日:2019.9.25 更新日: 情報, ウィーン, ザルツブルグ, 長期滞在, 小ネタ・雑記 高い分のメリットある?オーストリアで一軒家の賃貸

ウィーンを始めザルツブルグやグラーツ等もそうだと思うのですが、各都市アパートの賃貸物件を探すのは楽ではありません。
街の中心から近い、交通の便が良い等の物件は日本と同じく見つけること自体簡単ではありませんし、あったとしても高い・狭い等のデメリットがありことも多々あります。

また、音楽留学を考えた場合、音楽が盛んな国ではありますがこれがさらに難しいのはこちらでも紹介した通りです
「楽器可」と謳っていても自由に音出しできるとは限らない、下手したら文句言われるかも… 😐 とか悩む中で「…一軒家借りればいんじゃね? 🙄 どれくらい高いのかな?」という疑問が浮かぶ方も多いと思います。
そこで今回は一軒家の賃貸のメリット・デメリットについて紹介します。

家賃相場は賃貸アパートの2~3倍!

私の地元は全然都会ではないので東京とかの方とは違うかもしれませんが、

賃貸アパートの1ランク高い良い部屋の家賃 = 賃貸一軒家の1ランク低い良くない家の家賃

ぐらいの差で、大きいとしても2倍程度の差が普通です。
が、オーストリアでの差は大きく大体2.8倍~3.5倍くらい、下手するともっと高い家もゴロゴロあります。
具体的には例えばウィーンだと1,200ユーロ~2,200ユーロが多く、1,500ユーロ基準で探していくとリーズナブルな物件見つかるかも、という感じ。

もちろんこのくらいの金額は気にならない方もいると思いますが…まぁ普通に高いですよね…

庭やバルコニーがこだわり!

Merkurででっかいお肉買ってきてBBQできます。
でもそういう事よりこちらの方では庭の箱庭感というかデコが結構重要な要素らしく、外からみて美しくなるように花を置いたり装飾を飾るという事へのこだわりが日本人の感覚からするとすごいです。
クリスマスイースターもそうですけどイベント装飾品が日本より色々あるのもこういうのが関係してるんですかね。

防音対策はしやすい

まぁ当たり前の話なんですがアパートと同じ賃貸とは言え距離が壁一つではないので、マットやカーテン等比較的簡易な対策でお隣さんの耳に届く可能性を激減できるのはメリットです。
ピアノや打楽器であっても階下への遠慮が不要になるのは大きいですね。
また、上述のように庭を挟んでいれば窓を開けて爆音で演奏してない限りうるさいと言われることはないと思います。

中心部から遠い

特にウィーンやザルツブルク辺りが顕著です。
ウィーンでは1~9区で良い物件見つかる可能性はほぼ無く(べらぼうに高いとこならありますが)、10区~19区でもなかなか無い…。実際検索するとなるとほぼ20区以降になると思います。(ウィーンは中心1区からうずまき状に区の数字が増えていきます)

公共交通へのアクセスが不便!

上記の件と似ていますが、市内の外側になるという事はその分トラムやバスへの乗り継ぎも難しくなります。

公共交通機関が全くない場所っていうのもなかなかないですが、家から10分歩かないとバス無いみたいなことはあります。
そしてその交通機関が抗議デモなんかで止まってしまうとほぼ身動きが取れません

車は必須?

これは難しい所で確かに中心部までの移動は車の方が便利なんですが、ご存知の通りウィーンの中心部周辺なんかは車より地下鉄(U-Bahn)やトラム(Straßenbahn)での移動の方が圧倒的に便利です。

逆に車を止める駐車場を探すのに一苦労するので一長一短だと思います。

結局一軒家を借りた方が良いのは

まず楽器演奏可の物件を探していて高くても良い場合。
特にピアノや打楽器・金管辺りはNeubauのアパートではどうにも防音しきれないことがほとんどなので、探している時間的余裕がないなら一考の価値はあると思います。家賃は高いですが。

社会人で車・免許を持っている方も勤務先に駐車場があればアリかなと思います。
通勤の時間帯はもちろん道路も込みますが、公共交通機関もコミコミなことに変わりはありません。
あと日本の免許でも切り替え申請できます。家賃は高いですが。

他にはお子さんがいる場合は音のクレームも防げ遊ぶ広さものびのび確保できるので価格が高いことを除けばアリかもしれません。家賃は高いですが。

何気に去年の時点で不動産価格が10年前と比べて約30%も上がっているらしいオーストリアなんですが、費用の事よりとにかく環境が必要な方は選択肢として知っておくと良いかもしれません。

役に立った!
この記事は1人の役に立ちました!
読み込み中...
関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね