TOP
情報
交通情報
地下鉄
トラム(路面電車)
ウィーン
チケット持った?ウィーンの地下鉄やトラムでの罰金について
公開日:2018.1.22 更新日: 情報, 交通情報, 地下鉄, トラム(路面電車), ウィーン チケット持った?ウィーンの地下鉄やトラムでの罰金について

ウィーンでは地下鉄・トラム・バス等主要な交通機関はWienerlinienのチケット一つで全て乗れますが(詳しくはこちら)これを忘れた場合、というか持たずに乗って駅員に見つかった場合どうなるのかというと罰金を支払うことになります。

2018年からの罰金の金額

https://www.wienerlinien.at/eportal3/ep/contentView.do/pageTypeId/66526/programId/74577/contentTypeId/1001/channelId/-47186/contentId/80241

1回につき105ユーロです。
支払い期限は2週間ですが、2週間以内に払わなかった場合115ユーロに上がります。(さらに遅れると142,40ユーロ!)

ちなみに2017年までは1回につき103ユーロで3日以内に支払わないと134ユーロだったそう。

また、豆知識ですがウィーンは他の都市(ハンブルグやベルリン、パリ)に比べるとタダ乗り人口が低いそうですね。(Schwarzfahrerと言うそうです)

持ち忘れてもいいチケット

基本的にWienerlinienのチケットは持ち歩き推奨ですが、チケットチェックに引っかかった時に持っていなくても良いチケットもあります。

そう、「Jahreskarte」です。
「Semesterkarte」等もそうなのですが、どこのだれが買ったものかWienerlinien側でもすぐに確認できるらしく、これらのチケットを買っていた場合(もちろん有効期限内のものです)チケットを忘れたので確認してくれと言えば、罰金を支払うことはありません。

逆に「Wochenkarte」や「Monatskarte」等、誰が買ったかわからないものは忘れたと言っても罰金になってしまいます。
また、「8-Tage-Klimakarte」等は持ち歩いていたとしてもスタンプをチャキンッとしていないと同じく罰金対象になるので忘れないようにしましょう。

アプリ管理も出来る!

http://blog.wienerlinien.at/how-to-jahreskarte-in-der-ticket-app-anzeigen/

こちらの記事でも紹介しましたが、Wienerlinien専用のアプリがあり、会員登録後アプリからチケットを買う事でチケットチェックの際にアプリを見せるだけで済みます。(スタンプが必要なタイプのチケットはアプリからは買えません)

他、アプリではWienerlinienのサイトコンテンツも見られるので時刻表やマップ・その日のチケットチェックの巡回場所も確認できます。(いいんですかね?)
都市間電車の「VOR」の時間も見られる他、アプリ専用の割引チケットが売っていることもあるので旅行の方でも結構使えるのではと思います。

2月はSemesterkarteの切り替わり時期、7月~8月は(割安はあるものの)Monatskarteしか無い等学生の場合チケットを忘れやすい時期もあるので、捕まって無駄なお金を使うことの無いよう注意しましょう。

役に立った!
この記事は役に立ちましたか?
読み込み中...
関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね