2019.07.11
ウィーン市庁舎のFILM FESTIVAL、明日12日の17:00からはディズニーのファンタジア。
https://filmfestival-rathausplatz.at/programm/film/fantasia-1/
2019.07.03
ウィーンFloridsdorfで電車の衝突事故。
https://www.youtube.com/watch?v=7kw_gLYfHYc
2019.06.30
普段あんまり買わないけどたまに食べたくなる味付きひき肉(manriniert)のご飯のっけ丼。
ケバプとかハンバーグの形に成形されてるので焼く前にほぐしてそぼろっぽく。
ビールに合います。
2019.06.19
Wiener Staatsoperの若手養成プログラム(29才以下)
https://www.wiener-staatsoper.at/studio/
登録は2019年9月30日まで。
2019.06.09
首相の他に大統領もいるのは知らなかった。
2019.05.28
5月24日にStammersdorfでインドコブラを見たって通報があったらしく、AKHも「血清あるぞ!」とか言ってたものの、昨日実はおもちゃのヘビでしたってことが分かったらしいですね。
2019.05.12
2019年5月11日のウィーンSimmering屋根部屋での火災の様子。
https://www.youtube.com/watch?v=FgZD3dnKWBA
2019.05.02
ちなみにオーストリアにも母の日・父の日はありますが、子供の日は日本だけ。
母の日は日本と同じく5月の第2日曜日なので2019年は5月12日です。
2019.04.21
ソーシャルに依存しない評価ボタンを追加してみました。
2019.04.11
4月11日~13日、15日~17日はBilla会員セールでちょっぴり安い。
billa.at
2019.04.01
今日から夏時間!
2019.03.18
今在オーストリア日本大使館で現地スタッフ募集してますね!
大使館HP。(平成31年4月3日締切の様)
2019.03.03
BILLAのレゴポイント付くのは2019年4月17日まで。(使用は28日まで)
別に要らないのに見てるとなんだか欲しくなってくる…
2019.02.17
今日からですね!直行便!
シュヴェヒャート空港の到着一覧
2019.02.12
SATURN明後日までセールだったんですね。プリンターが気になる…
saturn.at
2019.02.04
そういえば、今更ながら日本では滅多に見ないものの一つ「1+1」Gratis。
実際には50%引きなのに何だかお得感がスゴイ。
2019.01.25
Merkurの3分クッキングがコンパクトで見やすい!
fraenz.merkurmarkt.at
2019.01.13
毎年冬休みはやろうと思っていた事の半分もできずに終わる…
2019.01.01
明けましておめでとうございます。
2018.12.28
お餅が手に入ったらお好きなベーコンとチーズで磯辺焼きがおススメ。
海苔はBILLAとかでも手に入ります
2018.12.16
寒い中ピザをお持ち帰りして歩いて帰る時のワクワク感。
2018.12.06
これ乗りたい!
Manner公式サイト
予約はできないみたいですが乗車は無料です。
2018.11.29
クリスマスマーケットは今度寄ろうと思ってるうちに終わってしまう…
2018.11.15
来週寒そう。ウィーンも雪の準備しといたほうが良いかも。
2018.11.05
今大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/8720994dd51cacfa9ea595d6a901cef
TOP
情報
ウィーン
ザルツブルグ
長期滞在
窓から排気でお手軽!オーストリアのエアコン事情
公開日: 情報, ウィーン, ザルツブルグ, 長期滞在 窓から排気でお手軽!オーストリアのエアコン事情

以前に比べ夏の気温も上がってきていることもあり、マンション(Wohnung)でもエアコンを見かけることが少しずつ増えてきました。
オーストリアは冬の暖房ニーズにはしっかり環境が整っていますが夏の冷房はあんまり乗り気でない様で、暑がりの私からすると逆だったら良かったのにと思うことも少なくありません。

なのでオーストリアのマンションで準備できる夏の暑さ対策をまとめてみました。

そもそも普通のエアコンは設置が難しい!?

一般的な、室外機と室内機が分かれているやつの話です。
日本でもそうですが基本的にこのタイプのエアコン(Split-Klimageräte)は設置するために壁の工事が必要で、その許可を予め大家や不動産会社に取っておく必要があります。(詳しくはこちら

ここまではまぁそうだよね 🙄 って感じですが、さらに物件によっては室外機の設置が騒音や街の景観(特に街路)に影響する可能性があり、その場合お役所の承認が必要です。(ウィーンの場合Magistratsabteilung für Architektur und Stadtgestaltung – MA19・Baupolizei – MA37※)

そのため費用的にも手間的にもなかなか手を出しにくいのが実情です。
なので他の手段を検討する必要があります。

※ちなみに実際に経験したわけではないですが、ウィーンでは許可なしで街路に面するWohnungに室外機を設置すると、いずれBaupolizeiがやってくるそう。

冷房じゃないもの

間違えないと思いますが、お店では大体エアコン関連のそばに置かれているので念のため。

Luftreiniger

空気清浄機のことです。

Luftbefeuchter

加湿器のことです。

Luftentfeuchter

除湿器のことです。

それぞれあったらあったで便利ですけどね。 😉 特に除湿器。

お手軽に風で済ませるなら

Ventilator

扇風機のことです。
普通の羽根付(Standventilator)で20ユーロ前後から売っています。
タワー型扇風機(Turmventilator)や卓上扇風機(Tischventilator)、小型扇風機(Handventilator)とご存知のように色々あります。

正直な所、オーストリアはそこまで湿度が高いわけではないので夜涼しく寝られればいいやってくらいであれば扇風機だけでも乗り切れます。(気温は高いので日中は扇風機に当たっていても汗が流れてきますが)

また、あまり日の当たらないお部屋やAltbau(詳しくはこちら)のお部屋であれば昼間でも「なにここめっちゃ涼しい…! 😳 」と思える物件はあるので夏の気温が高くても、必ずしもエアコンが必須というわけではないのです。(日本ほどエアコンが普及していない理由の一つでもあると思います)

Luftkühler

冷風扇のことです。

水を入れて冷たい空気を出すやつ。
扇風機と同じく電気代は気になりません。
ただ、使うと部屋の湿度が高くなる欠点があります。
部屋の室温が下がるわけではないので、なるべく窓を開たりして換気しながら使うようにしましょう。

エアコンの種類

本題ですね。
オーストリアでは現在大きく2タイプに分けられます。

(Split)Klimageräte

上述の一般的なエアコンです。

室外機と室内機が分かれているもので電気代効率こそ年々安くなるよう改良されていますが、とにかく設置のハードルが高く一軒家でないならなかなか難しいと思います。

ちなみにSATURN等電気量販店ではこの本体代・工事代込のセット料金なんかも用意しています。
(最低でも1,200ユーロくらいは行くので価格帯は日本とあまり変わらないかも)

(Monoblock)Klimaanlage

多少本体代・電気代はかかってでも涼しくしたい!という方には一番現実的な手段かと思います。

日本の「窓用エアコン」を想像してもらうと分かりやすいかも。(窓用エアコンに相当するものはこちらでは無いんですけどね)
要は室外機・室内機一体型のエアコンです。
排気ホースを「Fensterabdichtung」等を使ってオーストリア式の窓(詳しくはこちら)にくっつけて排気するシステムが斬新です。

実物を見てもらった方が分かりやすいかと。(ドイツのものもありますが一緒です)

こういう使い方かぁ…!って感じですね。
Fensterabdichtung自体は数十ユーロで買えます
窓を自由にできるのであればDIYでガチる方法もあるようですが。

たまに外から見かけるのが排気ホースを特に固定せず窓からひょっこりはみ出させているパターンです。
ぶっちゃけ窓にシール張るとかめんどいよ 😐 って気分な時もあるかと思いますが、窓を開けている限り部屋の室温が下がりにくく電気代的にもあまり良くないので、窓の密閉はちゃちゃっとやっちゃった方が良いかと。

あと夜だと虫も入ってきますし。

1つ注意したいのが室外機のやってることを部屋の中で行うのでいささかうるさい場合があるという事です。もちろん轟くほどではないですが、Neubau物件では問題になる可能性もなきにしもあらずなので購入する時には一応店員さんに聞いてみた方が良いかもしれません。(商品によってまちまち)

Mobile Klimaanlage

Monoblockの小型版のことです。(そこまで厳密に商品カテゴリが分かれているわけではないようですが…日本で言う冷風機になるんでしょうか?)
コンパクトで設置も簡単ですが、上述の通り排熱も同時に行われるため排気ホースが無いタイプだと部屋の室温はさっぱり下がりません
エアコンカテゴリの中では一番本体代が安いので、室温よりもピンポイントで自分自身を冷やしたい方にはおすすめです。

実際の所、Monoblockより本体価格がお手頃+排気ホースも付いてるMobileが今は主流の様です。

で、買った方が良い?

お住まいの物件によって、Altbau・Neubauでなかなかの体感温度差があったりするので一概には言えませんが少なくとも今までにエアコンの事が頭をよぎった事があるのであれば、探せば200〜300ユーロから品揃えはあるので考えてみるのもアリかと思います。

役に立った!
この記事は役に立ちましたか?
読み込み中...
関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね