2018.12.06
これ乗りたい!
Manner公式サイト
予約はできないみたいですが乗車は無料です。
2018.11.29
クリスマスマーケットは今度寄ろうと思ってるうちに終わってしまう…
2018.11.15
来週寒そう。ウィーンも雪の準備しといたほうが良いかも。
2018.11.05
今大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/8720994dd51cacfa9ea595d6a901cef
TOP
情報w
買い物w
オーストリアのスーパーでのポイント
2017.8.10 情報, 買い物 オーストリアのスーパーでのポイント

実は色々と日本と違うことがあるのでご紹介。

 

オーストリアのスーパーでの買い物の流れ

日本と大して変わりません。カゴに買うものを入れてレジで会計。
でもレジで挨拶をします。(ちょっとしたマナーについてはこちらをどうぞ。

レジの会計前のものを置くところに、コンパクトな仕切りを置いているスーパーもありますが、これは自分の買う商品の前後において「私の会計はここまで」という意思を示すのに使います。
後ろに並んでいる人がやたら近くに商品を置いてきてレジの人が間違ってしまうのを防ぐためです。
他、手打ち入力もあるせいなのか、たまに金額が間違っていることもあるので会計後はレシートチェックした方が良いかも。

営業時間

基本的には開店時間が7:00~8:00頃、平日の閉店時間が19:00~21:00頃、土曜日の閉店時間は17:00~19:00頃。
日曜日と祝日は一部を除き休みです。開いている店舗は平日と似たような営業時間ですね。
やはりウィーンは首都だけあって他都市に比べて営業時間はやや長めです。
土曜日にトイレットペーパーやシャンプーの買い忘れにご注意ください。

2017年オーストリアの祝日と開いているスーパーについてはこちら

2018年オーストリアの祝日と開いているスーパーについてはこちら

食品を選ぶ時

ジャガイモ等の根菜は○Kgネットで買うことも多いと思いますが、よくあるのが持ち上げてみたら底の方の野菜が逝っちゃってることがあります。

パックに入った肉類は賞味期限が近くなると割引されるのは日本でも同じですが、特に40%、50%割引のものを買う時はきちんと賞味期限消費期限(大抵その日が期限)と状態を見てください。
たまにこれ、肉の色が他とちがうよ!ってのがあります。

使うかもしれないドイツ語

deca{デカ}(10グラムで使われることが多い。10 deca = 100グラム)
die/eine Reinigungsmilch{ライニグングスミルヒ}(クレンジング用ミルク)
mal{マル}(~個。einmal 1個、zweimal 2個、と使う)
Aktion!{アクチオン}(お買い得!的な)

量り系

野菜では100gあたりの値段が書かれていて、「番号○番」と併記しているものがあります。これはそのままレジに持って行くのではなく、近くにある量りに乗せて、○番と同じ数字を押すと実際の値段のシールが出てきます。そのシールを野菜本体か袋に張ってレジに持って行くわけです。
逆に1ついくらで書かれているものは量りに乗せる必要はなく、そのままレジに持っていきます。

キッチンペーパー

なぜか3個入りと4個入りが同じ値段の時がよくあります。

化粧水(Gesichtswasser)

もしドイツ語が読めなくてもメーカー名と雰囲気で化粧品は分かるのですが、化粧水系を買う時は刺激の強さが書かれているので、必ず一番刺激が弱いものを最初に試してみることをお勧めします。
欧州人と日本人では肌の強さもちがうので、「MILD」のものでも結構キツイものもあります。

ツナ缶

いくつか種類があるので。
どうせほとんど同じだろと家に帰ってあけてみたらなんか野菜と一緒に入ってました。

実は日本でもあるオイル入り、水入りの他に味付きの野菜入り等があります。どう調理して良いのか分からないものもありますが、お店によって色々あるみたいです。

会員

「お、割引で安いじゃん」とカゴに入れて会計したら割引されてない。
レジの人に文句を言う前にまずその商品の割引の札をよく見てください。Mitgliedと書いていませんか?
たまにある会員専用割引です。

逆に会員になれば安くなるので是非入っておきましょう。
レジの近くや入り口に会員申し込みの紙があるので、それをレジの人に渡して数日すると、会員カードが届けられます。

ほとんどのスーパーの年会費は無料です。また、ポイントがたまるとなんちゃら特典!というのもよくあります。

特にBIPAの会員には是非なっておいたほうがお得です。

なんか買い食いしたい

ある程度大きいスーパーの店舗だと、冷蔵のパックとは別にカウンターで選んでハムや肉を切ってくれるとこありますよね?
そのカウンターで商品をもらってレジで会計するやつです。

実はですね、あそこで一言頼むと切ったものをパンに挟んでくれるんですよ!
冷蔵コーナーのサンドイッチとは違って、パンも中身もほかほかジューシーです。

サラダ系

お惣菜コーナーのサラダ系ですが、値段の表記方法に注意です。でかでかと0,99!!とか書かれていますが、単位が大抵100gあたりです。実際の値段は入れ物の側面とかに張られているはずです。

ブランド

どこのスーパーも自社ブランドの商品を扱っています(CLEVER等も)。この自社ブランドは他の製品に比べて純粋に安いので、これを基準の買い物をすると経済的です。

有料です。
ただし、裸の野菜や肉のパック等を入れる透明の袋は無料です。
レジの足元にかけられていることが多いので、それを買い物かごに入れて会計する、という流れです。
もちろんマイバッグがあれば必要ないです。
私はBILLAで買った商品をSPARの買い物袋に入れて、そのままSPARに買い物に行ったらレジで呼び止められました。(そりゃそうですよね。レシートを持っていたので問題は無かったのですが 😐 )

オーストリアのスーパー(食品)についてはこちら

オーストリアのスーパー(日用品)についてはこちら

関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね