2018.12.06
これ乗りたい!
Manner公式サイト
予約はできないみたいですが乗車は無料です。
2018.11.29
クリスマスマーケットは今度寄ろうと思ってるうちに終わってしまう…
2018.11.15
来週寒そう。ウィーンも雪の準備しといたほうが良いかも。
2018.11.05
今大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/8720994dd51cacfa9ea595d6a901cef
TOP
ドイツ語w
長期滞在w
小ネタ・雑記w
オーストリアでのメール・チャットのあれこれ
2018.6.20 ドイツ語, 長期滞在, 小ネタ・雑記 オーストリアでのメール・チャットのあれこれ

オーストリアに住み始めて、ドイツ語でメール等のやり取りをする時に困るのが「距離感」です。
ドイツ語の文章の書き方や挨拶の仕方は知っていても、「会社ではよく話すけどチャットはしたことがない同僚へのチャットで顔文字使っていいか」とか、「予定が決まったらメールしてくれ、と言ってきたあまり面識はない大学の教授へのメールの書き出しは『Liebe』でいいのか」等、実際にメッセージを送る時になってこの辺の細かいことに迷うことは意外とたくさんあります。

書き出し・挨拶の仕方

メールであれば例えそれほど親しいレベルではなくても、目上の人以外には「Liebe(r) ~、Hallo、Hi」等で問題ありません。特に「Liebe(r) ~」は「愛!?えっ親愛なる?いきなり?」という印象が日本語訳だとありますが、英語の「Dear ~」のニュアンスと同じでで割とカバーできる範囲は広いです。

逆に目上の人や、年が離れている等で一歩引きたい場合は「Lieber Herr ~ / Liebe Frau ~」が良いです。

丁寧なパターンで「Sehr geehrte(r) ~」がありますが、これはかなりかしこまった感じでどちらかというと社外メール等ですね。
「Sehr geehrte Damen und Herren,」みたいな形で不特定多数への招待状を送る時でも使います。

チャットの場合、「Hi!」くらいかと。(そもそも目上の人とチャットでやり取りすることってよほどでないとないと思いますので)

結びの仕方

目上の人の場合は「Herzliche Grüße」「Liebe Grüße」「Viele Grüße」「Alles Gute」、もっと10歩くらい引きたい場合は「Mit freundlichen Grüßen」です。
友達などであればかしこまった結びなんてものはほぼいらないくらいで「vielen Dank!」とか終わる場合がほとんど。

顔文字はあまり使わない!

主に微妙なニュアンスを伝えるために我々は顔文字を使いますが、どうもこちらではそういった気遣いは不要らしく、顔文字を使うことはあまりありません。:-)
また、使うとしても90℃横から見る半角文字だけの顔文字なのであまり馴染みがないです。:-(
実際やり取りのほとんどはピリオド「.」で終わっているか、せめて最後に「!」がついているくらいです。:P

ただ、Lineスタンプまで行くと好きな人はポンポン押してきます。:-o

省略語はそれなりに使う!

私自身はあまり受け取ったことはないですが、省略語はそれなりに使われるようで知らないとなんのこっちゃ?と悩むことになります。
また、ものによっては英語圏のものがそのまま使われることもありますので一例をご紹介。

  • *ka*:Keine Ahnung
  • *gn8*:Gute Nacht
  • *we*: Wochenende(週末)
  • *bd*:Bis dann
  • *lol*:laut lachen(laugh out loud)
  • *lb*:Liebe Grüsse
  • *bb*:Bis bald、Bye-Bye、Baba
  • 4U:Für Dich(for you)
  • np:kein Problem(no problem)
  • N8:Nacht
  • vlt:vielleicht
  • noob:Anfänger
  • THX:Danke(Thanks)
  • CUL8R:wir sehen uns später(see you later)
  • sry:Entschuldigung(sorry)

」だけだとさすがにバリエーションがないですし、打つのは簡単なので確かに使えますね。
念のためですが、目上の人に対しては使わない方が良いです。
「目上の人」という感覚自体が日本より希薄(?)なのでそこまで気にする必要はないですが。(たぶん。正直このあたりの感覚は文化が違うとよく分かりませんね…)

ドイツ語文字は日本語キーボードでも打てる!

こちらの記事でも紹介しましたが通常ドイツ語を打つのであれば端末のキーボードを切り替える必要がありますが、これが意外とめんどくさい。(2~3タップ・クリックなのは分かっているんですがそれでもめんどくさい、というより負けた気がします
そんな時はこれらの文字(ß Ä ä Ü ü̈ Ö ö)をコピぺして使う他、「a」と打った後に日本語で「ウムラウト」と打ち変換すると「ä」の様に直前の文字にウムラウトが付く方法がおすすめです。

※ただ、「ß」は端末によっては辞書に登録していないと「エスツェット」と打っても出てきません。

また、文字化けの可能性がありそうな時やウムラウトすら面倒な時

  • ß = ss
  • ä = ae
  • ü = ue
  • ö = oe

で代用してしまうのも手です。(メッセージを受けた側もそれほど気にしません)

関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね