2018.12.06
これ乗りたい!
Manner公式サイト
予約はできないみたいですが乗車は無料です。
2018.11.29
クリスマスマーケットは今度寄ろうと思ってるうちに終わってしまう…
2018.11.15
来週寒そう。ウィーンも雪の準備しといたほうが良いかも。
2018.11.05
今大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/8720994dd51cacfa9ea595d6a901cef
TOP
情報w
長期滞在w
オーストリアでCD・DVD・Blu-ray・ゲームを再生する方法
2017.10.3 情報, 長期滞在 オーストリアでCD・DVD・Blu-ray・ゲームを再生する方法

オーストリアで買ったCD・DVDを日本で聴きたい・見たい・日本から持ってきたゲームをオーストリアで遊びたいなどなどあるかと思いますが、何も知らずに高い買い物をしてしまうと大変後悔しますので注意が必要です。

CD

①オーストリアのCDをオーストリアの機器で聴く
②日本のCDをオーストリアの機器で聴く
③オーストリアのCDを日本の機器で聴く

全て問題なく可能です。
機器とはCDプレイヤーやPC等です。

全然関係ないですがCDは日本よりかなり安いです。 🙂

DVD

①オーストリアのDVDをオーストリアの機器で見る
②日本のDVDをオーストリアの機器で見る
③オーストリアのDVDを日本の機器で見る

①については問題ないですね。
さてここからが大変です。

リージョンコード

DVDが販売されている地域ごとに「リージョンコード」というものが設定されていて(0~8※)、DVD再生機器とDVDのリージョンコードが一致しないと再生できないようになっています。

日本・ヨーロッパはどちらも「2」に属するのでリージョンコードだけであれば②、③共に問題ありません。
※ちなみにリージョンコード「0」は全地域という意味でリージョンフリーで見ることができます。

テレビの放送方式

画面を横に分割する走査線の数の違いのことで、これも一致していないと再生できません。

アナログテレビでは日本は「NTSC」、ヨーロッパは「PAL」という形式のためそのままでは再生できません。
デジタルテレビでも日本は「ISDB」、ヨーロッパは「DVB」という形式がありますが、この場合はHDMIケーブルを使えば問題ありません。

端子

日本のアナログテレビ時代ではRCA端子という赤・白・黄色の3本セットの端子を繋いでいましたが、ヨーロッパではSCART端子というものの差込口であることが多いため、そのままでは接続できませんでした。
今の時代はほぼHDMI一択なので気にする必要はないと思います。

なるほどね、じゃあどうすればいいの?

まず「③オーストリアのDVDを日本の機器で見る」場合、一番手っ取り早いのはPCで見ることです。
ただ、おそらく(日本のPCの場合)そのままでは見ることができないのでPCのDVDドライブのリージョンを変更するか、リージョンフリーの再生ソフトを使う必要があります。
DVDドライブのリージョン変更は回数が決められているため、おすすめはリージョンフリーの再生ソフトを使う方法です。「dvd リージョンフリー ソフト」で検索すると色々出てきます。

②「日本のDVDをオーストリアの機器で見る」場合、さらに
1. 日本のDVDを日本のDVDプレイヤーでオーストリアのTVに繋ぐ
2. 日本のDVDをオーストリアのDVDプレイヤーでオーストリアのTVに繋ぐ場合
がありますが、2. の場合はリージョンフリーのオーストリアのDVDプレイヤーさえあれば大丈夫です。また、1. の場合はRCA端子とSCART端子の変換プラグを使って繋ぐか、HDMIで繋ぐことで解決します。

Blu-ray

DVDとの違いはリージョンコードで日本は「A」・ヨーロッパは「B」に属するのでそのままでは再生できません。手っ取り早く解決するにはリージョンフリーのBDプレーヤーを手に入れるしかないです。
オーストリアで使用するのであれば、電圧の関係もあるのでオーストリアで調達した方が良いかと思います。

ゲーム

今現在の主要機器では、PS3・PS4・PSP・PS Vita・XboxOne・DSはリージョンフリーです。
逆にWii・WiiU・Xbox360・3DSはリージョンコードが設定されています。
また、据え置き機の場合はHDMI接続一択です。

 

他、日本の再生機器をオーストリアで使用する場合はプラグと、場合によっては電圧も変換する必要が出てきます。(詳細はこちら

これから用意する方はなんだか大変そうだなと思われるかもしれませんが、一度環境を整えてしまえば快適なデジタルライフが手に入るのでぜひ検討してみてください。 😛

関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね