お気に入り一覧
TOP
情報
長期滞在
小ネタ・雑記
ついに緩和されるオーストリアのコロナ規制について
公開日: 情報, 長期滞在, 小ネタ・雑記 ついに緩和されるオーストリアのコロナ規制について

オーストリア在住の方はここ1年以上ロックダウンと制限微緩和を繰り返してきた今の状態がむしろ平常時みたいな感覚かと思いますが、ワクチンも一応普及が始まってしばらく経ち、ついにレストランやイベントが5月19日から解禁になるようです。

コロナ規制緩和の内容

もちろん解禁といってもノーガードでモリモリ街を練り歩くとまではいかず、これまで通りFFP2マスクは常備必須な他、新たにグリーンパスGrüner Pass)が重要な携行アイテムになるようですね。
基本的にはワクチン接種、検査、または病状の回復のいずれかを行っていることを示すことで、外出やイベント参加が可能になる、というものです。

ざっくりと今回の解禁内容をまとめると、

  • 学校
    5月17日から通常の授業が再開です。
  • 飲食店
    19日からオープンです。
    ただし営業時間は夜10時までで、1テーブルにつき室内は4人・室外は10人までという制限もあります。
  • レジャー施設
    19日からオープンです。
  • スポーツ
    19日からインドアスポーツも可能になりますが20平方メートルの制限があります。
    20平方メートルは5m×4mなので普通にやるとしたら、テニスとかそっち系なら可能ということですね。
  • イベント
    19日から解禁です。
    MAXで屋内1,500人・屋外3000人までの制限と、許容定員(座席数)の半分までの制限があります。

というもの。
やはり一番の目玉は飲食店関係とイベントで、私の好きな屋台フェスティバルとかにまた行けるのは嬉しいです。
イースターもタイミング悪く2年連続中止でしたし。
スマホで料理の配送料とにらめっこしたり、アツアツカリカリのサンドイッチを必死に抱きしめて家に持って帰ったら冷えた化石みたいになってたみたいな経験をしなくて済むのは良いですね。

でも例えば5人で食事に行ったら「悪いなのび太。このテーブル4人用なんだ」とか言われたりするのかな。

日本とオーストリアの行き来は出来るの?

これから暑くなる前の丁度良い季節、移動しやすい時期なので帰省したい!という方もいるかもしれませんが、現時点(4月末時点)では行き来は出来る、けど難易度高、という状態です。

この辺も日々コロコロ規制が変わると思いますが、いつも通り大使館サイトを見るのが手っ取り早いかと。

日本からオーストリアへの渡航

https://www.bmeia.gv.at/ja/oeb-tokio/

オーストリアから日本への渡航

https://www.at.emb-japan.go.jp/itpr_ja/coronavirus_ja.html
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00248.html

日本への渡航に関してはJALやANAのサイトも参考になります。

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/inter/201227/
https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/coronavirus-travel-information/immigration/

何が難しいかというと、どちらの場合でも新型コロナウイルスに感染していないことを証明する「検査証明書」を提示しなければならないことです。

オーストリアへの入国の場合、最悪無くても24時間以内に検査を受ければ良いとのことですが、日本への入国の場合、無いと入国できないというかなり厳しいルールになっています。

また、この検査証明書は検査が72時間以内に行われたものに限るようで飛行機の移動に1日見積もると出国直前1~2日前に検査したものということになります。
注意が必要なのが証明書の発行ではなく、検査自体が72時間以内に行われたものなので検査後すぐに発行してもらう必要があります。(郵送で~とかちんたら待っている余裕はないということですね)

以下のニュースの様にこれがなくて入国を拒否られた人が早速出ているみたいです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a3b99c9f73c3240253672bd5826fc667c18bd8f7

まだ行き来は難しいかも…?

オーストリアは観光産業が重要な国ですので、レストランやホテル等が早く解禁しないと体力的に色々とヤバいみたいな事情が今回の5月19日の制限緩和の理由の一つと思いますが、上記のように国と国の移動はまだまだかなり厳しい様で日本への一時帰国やオーストリアへの旅行なんかはまだ難しそうです。

実際、「これで書類大丈夫かな…?」と不安になりながら10数時間かけてオーストリアから帰ってきて、「ダメ、帰れ。帰りの費用も自分で払ってね。」とか言われたら発狂してしまいます。

なのでどうしても行き来しなきゃならない場合を除き、個人的にはまだまだ様子見かなと。

役に立った!
この記事は役に立ちましたか?
読み込み中...
関連する…かもしれない記事
background bg
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね