2018.11.05
今大使館に対してのアンケートをやってるみたいですね。
https://www.enq.ezairyu.mofa.go.jp/m/8720994dd51cacfa9ea595d6a901cef
TOP
情報w
ウィーンw
ザルツブルグw
長期滞在w
スプレー缶は何のごみ?オーストリアでのごみの分別・出し方
2018.11.7 new! 情報, ウィーン, ザルツブルグ, 長期滞在 スプレー缶は何のごみ?オーストリアでのごみの分別・出し方

実際にオーストリアに住み始めてから気付くささいな疑問点の一つ「ゴミの出し方」。
こちらでも日本と同じくごみの種類によって分別するのが原則で分別の仕方はそう大きく変わらないものの、初めて一人暮らしをするような場合はちょっと戸惑ってしまうかもしれません。

ゴミの出し方

どでかいゴミ箱(コンテナ)に捨てます。
街中にあるこのちっちゃいやつの話ではないです。

こんなやつ(ウィーンver)
https://www.wien.gv.at/umwelt/ma48/beratung/muelltrennung/

これは各地区・区域に設置されており、ごみの種類によって蓋の色が違っていたりします。(大抵はゴミ箱の前面に何のごみコンテナかも書いてあります)

ウィーンであれば住宅街を歩けば簡単に見つけられるくらい細かい範囲で設置されているので、捨てる時に住んでいる場所からめちゃくちゃ歩くなんてことはないはずです。

ごみ出していい時間や曜日は?

基本的に決まってないです。いつでもO.K.!すごい! 😀

ただ、これは公共のコンテナの場合で、マンション・アパートだと建物内に住民専用のコンテナが設置されている所が多いんですよね。
なのでこの建物内の方はマンション・アパートによっては決まりがあるところもあるので注意が必要です。(体感だと決まってない事の方が圧倒的に多いですが)
また、専用コンテナが全種類ではなく一部しかない建物もあり、その場合はごみの種類によっては公共のコンテナと建物内両方を利用することになります。なんでかは謎。

一戸建てに住む場合は、公共のコンテナに捨てに行く他家まで回収に来てもらうこともできます。この場合は有料です。

コンテナに入れられないゴミもある!

捨てると危ないようなごみ(Problemstoffe)や粗大ごみ(Sperrmüll)等はMistplatzというごみ処理場に直接持って行く、回収にきてもらう等の対応が必要になります。

州によってごみの分類方法が違う

大きく異なるわけではないですが、それぞれ若干違いがあります。
各州でサイトやパンフレット等必ず案内が出ているので確認してみましょう。

ウィーン

https://www.wien.gv.at/umwelt/ma48/beratung/muelltrennung/kampagne2015.html

ページ下部に多言語のPDFリンクがあります。

ザルツブルグ

https://www.stadt-salzburg.at/internet/wirtschaft_umwelt/abfall_abwasser/abfall_a_z/abfall_richtig_trennen_444836.htm

ページ下部に多言語のPDFリンクがあります。

グラーツ

http://www.umwelt.graz.at/cms/beitrag/10088482/4851342/?aat~Abfall/_lAbfalltrennblatt_l(mehrsprachig)

謎に多くの言語に対応しています。

インスブルック

https://www.innsbruck.gv.at/page.cfm?vpath=umwelt–verkehr/abfallberatung

「Abfall Trenn-ABC」というリンクです。

リンツ

https://www.linzag.at/portal/de/ueber_die_linzag/medien/infomaterial_bestellung/infomaterial/infomaterial_detail_5738.html

等々です。

分別するごみの種類

地域によって若干名称が異なります。

使うかもしれないドイツ語

der/ein Abfall{アプファール}(廃棄物)
der/ein Grünschnitt{グリュンシュニット}(草木)
das/ein Altauto{アルトアウト}(中古車)
die/eine Altreife{アルトライフェ}(中古タイヤ)
das/ein Alttextil{アルトテクスティル}(古織物)
der/ein Schuh{シュー}(靴)
der/ein Bauschutt{バウシュット}(瓦礫)

Restmüll,Restabfall

いわゆる「燃えるゴミ」。
ほぼ日本の感覚と一緒で、おむつ、アイスのカップ、スーパーで野菜とか入れる半透明の袋、コルク、ボールペン、カセットテープ、レコード、セロハンも入ります。

Altpapier

古紙です。
新聞、雑誌、手紙、封筒、紙袋、段ボール箱等です。

しかし牛乳パック、ハンカチ、ペーパータオル、汚れた紙は入りません。
また入りきらないような大きなものは「Mistplatz」行きです。

Öko-Box?

ウィーンでは最近まで「Öko-Box」(エコボックス)というものに牛乳パックを入れていましたが、このシステムは2018年の3月末で廃止されました。
今は「Plastikflaschen」に入れるようになっています。

http://www.oekobox.at/

Biotonne,Bioabfall

「ビオ?生ごみ…? 😕 」と思うかもしれませんが、これは生ものというより庭で刈り取った草、葉、樹木、落ちた果実、食べかけではない果物や野菜くず、古くなったパン、紅茶やコーヒー等です。
つまり「肥料」になるゴミですね。
あと小さなクリスマスツリーなんかもこちらに入ります。大きなものは下記「Mistplatz」行きです。
(ウィーンでは市内多数の場所で「Christbaumsammelstelle」というクリスマスツリー専用の捨て場所が12月~1月にかけて設置されます)

しかし、肉や骨、食べ残し、直径8cm以上の枝、卵、乳製品、漆などでコーティングされた薪は入りません。

Weissglas,Buntglas,Altglas

「Weissglas」は無色のガラス、「Buntglas」は着色してあるガラスです。
迷うことはないと思いますが、この無色のガラスはほんとに無色のみで軽く色付いてるかな?くらいのものも全てBuntglasに入ります。

なお、ザルツブルグやグラーツ等ウィーン以外の地域では色に関わらず「Altglas」としてまとめられています。

Metal,Dosen

金属・缶です。
フライパンや鍋、工具、ワイヤー、パイプ等も入ります。

しかし、スプレー缶や錆びたような古い缶、機械部品は入りません。(Problemstoffeです)
入りきらないような大きなものは「Mistplatz」行きです。

Plastikflaschen,Leichtverpackungen,Kunststoffverpackungen

プラスチック類です。
飲み物や調味料、洗剤等のプラスチック容器が入ります。

しかし、リターナブル容器や滑沢剤・接着剤の容器、ビニール・ポリ袋、発泡スチロール、スポンジは入りません。
(発泡スチロールは「Mistplatz」行き、スポンジはRestmüllです)

ウィーンではコンテナの入り口を見ると分かるのですが、ペットボトルの形状に近いものに限定しています。
しかし他の地域では「Leichtverpackungen」、「Kunststoffverpackungen」(どちらも同じ意味です)として形状は限定されないようです。

Problemstoffe

問題児。
バッテリー、電子機器、容器に入ってない古くなった薬、注射器、廃棄油、酸、アルカリ、(混合されていない5リットルまでの)現像液、等々の普通に捨てることが出来ないごみ

これは直接「Mistplatz」に持って行く必要があります。

またはProblemstoffe専用のごみ捨て場と言うのもあります。

ウィーンの場合

  • Karmelitermarkt im Amtsgebäude,A-1020 wien
  • Wohlmutstraße/Ennsgasse (Vorgartenmarkt),A-1020 wien
  • Naschmarkt – Linke Wienzeile ggü. Alfred-Grünwald-Park,A-1060 wien
  • Meidlinger Markt gegenüber Ignazgasse 12,A-1120 wien

営業時間
月~金 16:00~18:00
土 9:00~13:00

詳しくはこちら
https://www.wien.gv.at/umwelt/ma48/entsorgung/problemstoffsammlung/index.html

また、ウィーンの場合回収車が市内を回っているのでそこに持って行くのもアリです。
ただし時間が決まっており、大抵は1か所に2時間(場所によっては5時間)しか止まってくれませんので注意が必要です。

回収車の止まる場所と時間

https://www.wien.gv.at/umwelt/ma48/entsorgung/problemstoffsammlung/mobile-prosa-sammeltermine.html

Sperrmüll

粗大ごみ。
基本的には直接「Mistplatz」に持って行く必要があります。

ウィーンでは有料で回収サービスをお願いすることもできます。

電話受付
月~金 7時〜11時
電話番号:+43 1 734 52 95-48898(ドイツ語での電話のかけ方についてはこちら

ちなみにごみの分別についての相談も受け付けています。

Misttelefon
月~土 8時〜18時
電話番号:+43 1 546 48

およそ上記のような区分ですが実際のところ、厳密に分別するのって中々難しいんですよね。
Biotonneとか知っていても普通に燃えるゴミに果物入れたりはあると思います。

コンテナには入れられないゴミなどについては別途記載予定ですが、これ何ゴミだ?と迷ったら上記の各州のサイト等覗いてみてください。
こちらのウィーンのサイトの様にかなり細かく説明されています。

https://www.wien.gv.at/umwelt/ma48/beratung/muelltrennung/mistabc.html

「Mistplatz」等については別ページにて記載予定です。

関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね