TOP
情報
食事
レストラン
カフェ
旅行
オーストリアでのお冷事情「Leitungswasser」
公開日:2017.8.22 更新日: 情報, 食事, レストラン, カフェ, 旅行 オーストリアでのお冷事情「Leitungswasser」

レストランでは基本的に何も言わないとお冷は出てきません。
頼みたい場合は

(Einmal) Leitungswasser bitte.{(アインマル) ライトゥングスワッサー ビッテ}
お冷を(一つ)ください。

でもらえます。
もちろんお冷代なんてものは請求されませんし、店員に嫌な顔もされません。
ただ最初にお冷を出す習慣が無い、というだけです。
断られる、ということは一度もなかったです。(そんな頻繁に頼んだ事もないですが)

ちなみにカフェだと飲み物と一緒に出てくることもあります。

メニュー表に書かれている「Mineralwasser」はお冷ではなく通常のミネラルウォーターなのでご注意を。
無いとは思いますが、特に気にかけず英語で「Water please.」とか言うと店員もわからずにミネラルウォーターの方を頼まれていた、なんてこともありえなくはないのではっきりとLeitungswasserといった方がいいです。

役に立った!
この記事は役に立ちましたか?
読み込み中...
関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね