TOP
お知らせ
オーストリア定住・滞在法の一部改正
公開日:2017.11.9 更新日: お知らせ オーストリア定住・滞在法の一部改正

2017年10月1日に在留権取得のための要件に一部変更があったようです。

在オーストリア日本国大使館のページ
http://www.at.emb-japan.go.jp/jp/20_consulate/070_taizai/078_zairyukenshutoku.html(ページ公開終了済み)
大使館のページではあくまで参考情報として掲載しているようですが。

改正のなかで気になるのが「健康保険要件の厳格化」で、今まで在留許可・定住許可の申請時に必要な健康保険は日本で加入した民間健康保険・旅行保険も認められていたのですが、それが原則としてオーストリアの公的健康保険か、これに準ずる民間健康保険のみが認められることになったそうです。
つまりオーストリアに住む場合、こちらの保険に入らないと在留許可・定住許可が手に入らないということになります。

大抵の場合、Wiener Gebietskrankenkasse、通称WGKKに入る方が多いと思うのであまり関係ないといえば関係ないですが、学校や仕事の都合でタイトなスケジュールの中滞在許可を申請しなければならない場合、日本の海外保険であらかじめ準備することができなくなったのは大きいかもしれないですね。

役に立った!
この記事は役に立ちましたか?
読み込み中...
関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね