TOP
お知らせ
情報
ウィーン
ザルツブルグ
FFP2って?オーストリアでの2021年1月25日からのマスク事情
公開日: お知らせ, 情報, ウィーン, ザルツブルグ FFP2って?オーストリアでの2021年1月25日からのマスク事情

オーストリアのロックダウン関連の話題は最近延長、延長で明るい話を聞きませんが明日1月25日から、マスクの着用義務がパワーアップするのをご存知でしょうか?

これまでは大体お店の営業時間や外出時間辺りが規制で厳しくなったり緩くなったりで、他人と1m離れてマスクはとりあえずしとけみたいな感じだったのですが、今回の規制で「他人との距離は2m以上」「FFP2マスク」の着用義務となりました。

FFP2?なにそれ?

どこぞのFTPソフトみたいな名前ですが、「FFP2」というのはヨーロッパで使用されているマスクの規格の一つで、その辺のマスクより微粒子を高い割合でカットしてくれる作りのマスクに認められるものです。

つまり国としては「ちゃんとしたマスクしてくれよ」というわけですね。ですのでおばあちゃんが縫ってくれたキティちゃん柄の手作りマスクも、お年頃の高校生男子が買うイカしたデザインのスラっとしたマスクも、25日からはNGとなってしまいます。

マスク着用義務違反で罰金も!

今回特に気を付けたいのが、お店や公共交通機関・市の施設等でFFP2マスクをしていない・着用拒否すると、25ユーロの罰金がかかってしまう事。こっそり見張り員が街中にいるのかな? 😯 とか気になりますが、マスクで罰金なんてもらったらやるせなさすぎなので絶対避けたいですね。

そのマスクってどこに売ってるの?

25日以降、各店で取り扱いが増えてくる様です。
BILLA・BIPA・Spar・Hofer・Lidl等、大手のスーパーでは店頭無料配布も行う様で(店により時間制限あり)、買っても一枚1ユーロもかからないです。

バッグにも常備推奨!

まとめ買いで安く手に入るため、家にもバッグにも常時置いておき、買い忘れは無いようにしたいですね。
なんせ買い忘れたら外出するマスクが無いみたいな詰みになってしまいます。(そのための店頭無料配布なのかもですが)
ちなみに私はスーパーに行った際、ティッシュとトイレットペーパーの事を思い出す変な癖が付いてますが、これからはマスクも仲間入りしそうです。

役に立った!
この記事は役に立ちましたか?
読み込み中...
関連する…かもしれない記事
background
サイト品質向上のため、当サイトはクッキーを使用しています。当サイトの個人情報取り扱いについてはこちら OK!閉じる!
ちょっと待ってね